日向坂46の加藤史帆が6月30日、都内にて開催された日向坂46ドキュメンタリー映画「希望と絶望」の完成披露上映会に、佐々木久美、齊藤京子、富田鈴花、松田好花と共に出席。センターポジションを務めた5thシングル「君しか勝たん」の重圧を振り返る一幕があった。

同作は、アイドルグループ・日向坂46にとって2作目となるドキュメンタリー映画で、グループが目標としていた東京ドームでのライブ開催までの道のりに密着。コロナ禍による活動の制限、メンバーの相次ぐ離脱など、さまざまな困難を乗り越え、夢のステージへと走り続けた彼女たちの知られざる2年間を伝える。

作品を見て印象的だったシーンを聞かれた加藤は「“おひさま(日向坂46ファンの総称)”とコロナ禍でなかなか会えなくて無観客ライブをしていて、久しぶりに『2回目のひな誕祭』でおひさまと再会できたシーンが本当に印象に残っていて」と回答。「おひさまに会えて本当にうれしくて、涙が止まらない『ドレミソラシド』はその時だけだった」と2ndシングル「ドレミソラシド」の思い出深い歌唱を振り返った。

また、松田は「加藤史帆さんが『君しか勝たん』でセンターに立たれて、鬼のように忙しかった時期の話が結構取り上げられていた」と劇中での加藤に言及。

「当時、私はあまりその時の史帆さんの気持ちとかを聞くことはできなかったので『そういうふうに思っていた時期もあったんだな』と思って、意外だったというか。メンバーにもあまり苦しい姿とか見せていなかったイメージだったので、衝撃でしたね」と加藤が秘めていた思いに衝撃を受けたことを明かした。

加藤は「自分で見ていてすごく恥ずかしかったですね。もじもじしちゃいました。たしかに、このちゃん(松田)が言ってくれたように『メンバーに全力で頼れていなかったな』とこの映画を見て思いました」と当時を回顧。

「もっとメンバーを頼っていたらやりきれたのかなとか…」としんみりしかけるも「おーん、なんか悲しいムードになってきちゃった」とおどけて見せ、「これからはもっとみんなを頼るね。よろしく!」と元気に宣言していた。

◆取材・文=山田健史