小栗旬が主演を務める大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第26回「悲しむ前に」が7月3日に放送された。この回で、この世を去ることとなった鎌倉幕府初代将軍・源頼朝を演じた大泉洋がコメントを寄せた。

■初めて自慢したくなるようなドラマ

――今作にご出演されて、改めて三谷作品の面白さをどういうところに感じていますか。

「鎌倉殿の13人」は、「日本にもこんなにすごいドラマがあるんだ!」と初めて自慢したくなるようなドラマです。三谷さんが書いているので、単純な面白さ、笑いの要素もありつつ、笑いから“どシリアス”への振り幅もすごくて。よくファンの皆さんが「風邪引きそうだ」と言っていますが、本当にそんな感じです。

僕は、(佐藤浩市が演じた上総広常が亡くなる)第15回で日本中から嫌われましたけれども(笑)、やっぱりあんなに面白い回はないなと思いました。あのときも三谷さんから「案の定、日本中を敵に回しましたね」「でも僕は大好きです」と書かれたメールが来ました(笑)。あきらかに面白がってますよね(笑)。

■皆さんが言うほど僕は嫌いじゃない

――頼朝は完全な悪ではない部分もあると思いますが、演じる上で「これだけは忘れずにいよう」と心がけたことはありますか。

自分が演じる役ですから、皆さんが言うほど嫌いじゃないです。演じる上では、どこか孤独で、少し生い立ちが不幸だった人だなと思います。子どもの頃に家族を殺されて伊豆に流されてしまい、人をなかなか信用できない部分があるんだろうなと思って演じていました。

その中で、政子や子供たち、義時や義経(菅田将暉)などに対する頼朝なりの愛情はあったと思います。ただ彼にとって自分自身や一族のことが一番大事で、彼が孤独で人を信じ切れない人だからこそ、自分に取って代わる可能性がある義経(菅田)や範頼(迫田孝也)も、兄弟でもあるから大事なんだけど排除せざるを得なかったのかなと思います。

でも、あの時代は兄弟や親を排除するということが実はものすごく多かったみたいです。今回は、排除するシーンが見事に描かれてしまっているので、どうしても頼朝は嫌われてしまいますが「そんなのみんなそうじゃないか!」と思ったりもします(笑)。

■義時についてはもう会った途端から好き

――孤独な頼朝が義時については、どうして信頼に値すると思っていたのでしょうか。

頼朝は、直感的な判断で人を見ていたと思います。義時についてはもう会った途端から好きというか。小栗くんが演じている義時という人は、真面目だし、野心がない。そういうところを見ていたのだと思います。結局、義時は頼朝についていき、頼朝を見てどんどん変わっていってしまうので、そこもまた「大泉のせい」と言われてしまうんだろうなと思っています(笑)。

――頼朝から見ても、義時は「自分に似てきたな」と思うことはあったのでしょうか。

顕著になるのは頼朝が亡くなってからだと思います。曽我兄弟の仇討ちの収め方とかも、義時ならではというか。義時が、とても賢い人だということを頼朝は見抜いていたんだと思います。でも「自分に似てきてるな」と思っていたかと言われると、僕はそう思って演じてはいなかったです。

今回の『鎌倉殿の13人』は頼朝が死んでからが大事なお話だと思います。だから当初、小栗くんとはLINEで「早く大泉死んでくれないと困る」とか「三谷さん頼朝を描きすぎた」などと話していました。でも、僕が死んでからは「いやぁ、頼朝さんは死ぬのが早すぎた」と手のひらを返されました(笑)。頼朝がやっていた厳しい決断を、今度は義時が下しているんだろうなと思っています。

■息子・頼家のかわいさとは…

――頼朝から見た息子・頼家のかわいさはどんなところでしたか?

実は頼家(金子大地)とのシーンは少なかったのですが、「金子大地が演じているのだからかわいい」としか言いようがないんじゃないかな(笑)。頼家は巻狩りで獲物がとれなくて、頼朝と御家人たちが用意した動かない鹿ですら当たらないんだけど、それでも「いつか必ず自分で獲れるようになる」と一生懸命な部分はいいなと感じていました。

(第21回の)万寿と金剛が顔を合わせた時、頼朝が「万寿、金剛を大事にせよ」と言っても万寿は無視して、「母上、庭で遊んで来てもいいですか」と言っていて、全く話を聞いていないなと思いました(笑)。口のきき方なども含めて、甘やかしてしまったなと思います。

■今まで自分がやって来たことを謝りたくなるような気持ち

――第25回では頼家も妻と子がいながら別の女性を妻にしようとするシーンがありました。

女好きは思いきり継いでいますよね。それを「女好きは我が嫡男の証だ」「頼もしいぞ」とか言って、おかしなシーンだなと思いました(笑)。(第21回の)頼朝が、本当に幸せそうな八重(新垣結衣)に向かって昔の話をするシーンで、こんなところまで(器の)小ささを表現するのかと、なぜ三谷さんはここまで頼朝をダメに描くんだろうと思いました。

――頼朝が死に向かっていく部分の台本を見た感想を教えてください。

権力の頂点に上り詰めた人がどんどんダメになっていく。巻狩りの最後でも口にしていましたが、どこか天にも見放された気持ちになってきて、たくさんの人を排除してきた男が、その亡霊に苦しめられていくというのが面白いなと感じました。

第25回の頼朝は、精神分裂気味の人になってしまったのかなと思っています。突然、巴御前(秋元才加)の元へ行って、義仲(青木崇高)を討ったことを謝るなど、死ぬ直前に今まで自分がやって来たことを謝りたくなるような気持ちでした。

■源頼朝役をいただいて三谷さんには感謝しかない

――これまで主要人物が亡くなると「○○ロス」とSNSが沸いてきましたが、頼朝の死はどう受け入れられると思いますか?

好きに受け取ってほしいです(笑)。頼朝が倒す相手はものすごくいい人に描かれているから、それは頼朝が悪く見えるし「ひどい殺され方してほしい」なんて言われてしまっていますし(笑)。

第25回で馬から落ちて、その後の第26回も頼朝がただ寝ているだけというのは、三谷さんらしいなと思いましたし、非常に面白いなと感じました。寝ている頼朝の周りでどんどん物事が動いていく、まさに劇作家・三谷幸喜の真骨頂だと思います。

頼朝の最期は、政子(小池栄子)と2人で迎えましたけど、演出の保坂慶太さんが非常によく撮ってくれて美しいカットになりました。小池栄子さんの熱演も素晴らしくて、とても印象に残っています。このようなドラマ、そしてこのような役に巡り会えて幸せだなと感じましたし、源頼朝役をいただけて三谷さんには感謝しかないです。