林遣都と仲野太賀がW主演を務めるドラマ「初恋の悪魔」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)の第5話が、8月13日(土)に放送される。同作は、「Mother」「Woman」「それでも、生きてゆく」「東京ラブストーリー」などのヒットドラマを書き下ろした脚本家・坂元裕二が手掛けるミステリアスコメディー。

林が演じるのは、ヘマをして停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(しかはま・すずのすけ)。そして、そんな鈴之介の元に、総務課・馬淵悠日(まぶち・はるひ/仲野)、生活安全課・摘木星砂(つみき・せすな/松岡茉優)、会計課・小鳥琉夏(ことり・るか/柄本佑)といった、訳ありの警察署員が集まる。

警察署には勤めているが、捜査権はない4人。一人一人こじれた事情を抱えながら、刑事とは違った感性と推理で難事件を解明していく。正義感も出世欲もない、求めているのは真実のみ。4人の間には、いつしか友情や恋が芽生え、やがて、より大きな真実と運命に飲み込まれていく。

■第5話あらすじ

鈴之介(林遣都)は森園(安田顕)とともに、廊下の突き当りにあった開かずの扉を開く。そこには地下に続く階段があり、さらにその先には地下室があった。

薄気味の悪いその地下室には、明らかに誰かが監禁されていた痕跡があり、驚く二人。そんな隙、森園は地下室の扉を突然閉め、鈴之介だけを地下室に閉じ込めてしまうのだった。

一方、悠日(仲野太賀)は兄の朝陽(毎熊克哉)が残したスマホのロックを解除し、朝陽の死の謎を解きたいと星砂(松岡茉優)に言う。星砂は“もうひとりの自分”が朝陽の死に関わっている証拠が出てくるかもしれないと不安を抱く。

閉じ込められている鈴之介は、森園から過去に起きたある殺人事件について聞かされる。5年前、15歳の少年が行方不明となり、まもなく遺体で発見された。犯人は逮捕されたものの、森園は真犯人が他にいると考えていた。

そしてこんな奇妙な家に住む鈴之介こそが、その真犯人ではないかと疑ったのだった。鈴之介は「ここは僕の家に違いないが、僕の家ではない」と告げるが、森園は「意味が分からない」と取り合わない。

そのころ、渚(佐久間由衣)は、捜査に行き詰ったとき、いつも解決のヒントが書かれた手紙が届くことを琉夏(柄本佑)に打ち明ける。さらに、渚は手紙の主が鈴之介ではないかと思っていると頬を緩ませながら語り、密かに渚に心を寄せる琉夏は複雑な心境になる。

一方、鈴之介は森園に、この家に住むことになった経緯を語り始める。この家は椿静枝(山口果林)という老いた女性から譲り受けたのだった。椿との出会い、それは鈴之介がこれまで誰にも語ったことのない、今の鈴之介を形成する壮大なストーリーがあった。

そのころ、しばらく音信不通になっている鈴之介を心配した悠日と星砂、琉夏が、鈴之介の家を訪ねてくる。地下室の存在など知るよしもない三人は、鈴之介の部屋から椿の書いたとみられる手記を発見する。

――という物語が描かれる。

■松岡茉優“星砂”「私に何があっても、私のこと覚えててくれるかな?」

公式ホームページなどで公開されている予告動画には、「いよいよ第二章に突入」というテロップが。続けて、暗闇の中で対峙する鈴之介と森園の姿が映し出される。鈴之介が森園に「あなたはとても怪しい」と告げると、すかさず森園も「あなたもですよ」と返す。

また、暗い表情の星砂が「私はもう一人の私を信じられないから…」と悠日に打ち明ける様子も。悠日は真剣な表情で静かに話を聞いている。

さらに、星砂は悠日に「私に何があっても、私のこと覚えててくれるかな?」と問う。その様子はいつもの威勢の良い雰囲気とは異なり、今にも消えてしまいそうな弱々しさがうかがえる。

また、第4話のラストで、マンションの階段から転げ落ちてしまった雪松(伊藤英明)の姿も。けがをしている様子もなく、いつもの調子で「上司が部下を誘うのは、ハラスメントか…」と言い、悠日を困らせている。