お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が、サウナトーク番組「サバンナ高橋の、サウナの神さま」(隔週木曜夜9:25-9:54、TOKYO MX)の8月11日放送回に登場し、サウナ好きのサバンナ・高橋茂雄と人生の“ととのった”瞬間=ターニングポイントについて対談トーク。相方“あっちゃん”こと中田敦彦との関係や結婚に踏み切れない理由について語った。藤森とのトークを終えた高橋は「吉本で一緒だったけど、育ってきた環境が違うので、なかなかガッツリ話す機会はなかったんですけど、オリエンタルラジオの2人の生きてきた環境やここから見据えていることの話が聞けて、とても面白かったですね。僕が、隙あらば慎吾のお金周りの話を聞きだそうと暗躍しました」とコメント。その内容とは?

■NSC入学前にネタ100本できていた

2003年、バイト先で出会った中田と大学3年時に「オリエンタルラジオ」を結成した藤森。NSC在学中に生まれた「武勇伝」ネタで大ブレイクし、デビュー1年目にレギュラー番組獲得、2年目に冠帯番組スタートという快進撃を見せた。まずはそんな、ブレイクに至るまでのエピソードから。

藤森:実はNSC(吉本総合芸能学院)に入る前にネタが100本できてたんです。あっちゃんが「いいか慎吾。NSCなんて、何かを教わる場所じゃねえからな」「一個のきっかけに過ぎないから、入る前に俺がネタを100本書く」って。

――高橋:おーーー!!(笑)。

藤森:その中に“中田伝説”っていう漫才のネタがあって。ただ相方が「俺は〜〜するぜ!」と言ったらそれを受けて僕が「うわぁ!すごいなぁ!」って言ってるだけのネタなんですけど、NSCに入学してネタ見せしたら、なんか鉱脈を感じるなぁということで、そこからあっちゃんの緻密な計算が始まって(笑)。「そうだ、歌だ!」と歌を入れ、リズムを入れ、コントも入り、いろいろな要素を肉付けしてったらこれはキャッチーじゃないかと。全部あっちゃんの計算ですね。

――高橋:なんやろ、広告代理店の人がCMプランニングしてヒット商品作ってるみたいな感じやなぁ(笑)。

■“武勇伝”で芸人最速ブレイク

――高橋:今までで一番お笑い旋風を巻き起こした。

藤森:番組をゴールデンで持った早さでいうと一番っていうのは言っていただいてますね。2年目から3年目にかけてゴールデン3本と深夜の帯番組…もう、あっという間でしたね、全部終わりましたし。デビュー5年目の時に残ってたレギュラー番組が唯一「笑っていいとも!」1本で。それでも、あのタモリさんと毎週会う機会があるなんてぜいたくだと思って、何でもいいからしゃべりかけようと思ってやってたらある日、タモリさんが「お前は毎週話しかけてくるけど、本当に中身何にもないよな」って。

――高橋:見抜かれてんねんな(笑)。

藤森:そしたらタモリさんが「それ、すごい面白いよ」って。そういう軽薄で中身何もないぺらっぺらなのがお前なんだから、なんでそれをもっと生放送で出さないんだと。出せ、チャラ男だお前はって。それまで自分がやりたい理想の芸人像ってあったんですけどそれはあくまで自分が思ってるものであって。結果道切り開いてくれたのはタモリさんがポロッと言った一言で。自分の良さって人の方が分かるのかなって思ったので、他の人がほめてくれたことを大事にすべきかなと。

――高橋:なるほどね。

■オリラジ再ブレイク、そして“吉本卒業”

――高橋:続いての人生ととのった瞬間は、“吉本卒業”。

藤森:いや、ちょっと待ってください。これでととのったってなると話おかしくないですか(笑)。

――高橋:(笑)。でもそこに至るまでのオリラジってホンマに波すごいよね。

藤森:チャラ男も下火になりまして、2013年またコンビ会議しまして、もう一回オリラジで何かやり遂げようと言ってあっちゃんがパソコンに持ってきた映像が「オリラジでZeppを埋めましょう」というプレゼンで。

――高橋:だから売れ方が芸人の売れ方やないもん。博報堂の人や(笑)。

藤森:そうなんですよ(笑)。最終的に「PERFECT HUMAN」ができて、紅白(2016年「NHK紅白歌合戦」)に出場して、Zeppの夢もかなったんです。それも2年、3年で下火になって、あっちゃんがとった舵がYouTubeだったんです。当時コンビでやってたレギュラー番組を1〜2年ぐらいかけて降板するって言って、ちょっとずつ番組をやめていったんです。

――高橋:すごい。それ聞いたときどう思った?

藤森:正直それは久々に揉めました。さすがにこれは「方向性違い過ぎないか?」というのがあって。

――高橋:でもあっちゃんの気持ちはYouTubeに…。

藤森:もう向いてたし、結果成功もしてるから何も言えなかったですけどね。でも僕は僕でやってることに関しては大事にしたかったから、そこは話し合って、お互いやりたいことをやっていこうと。(吉本退社も)揉めたとかケンカ別れしたとかでは全然なくて。

――高橋:レギュラー番組とかもそのまま続いてるしな。実際どうなの?吉本辞めて。

藤森:悪いことで言うと、圧倒的に芸人さんに会う機会が減りましたね。劇場前の楽屋がすごい好きだったんで。あれがなくなったのはすごい寂しさがありましたね。あっちゃんとは連絡ってプロジェクト発表の時しかなくて。朝LINEが届いてて、「新しいプロジェクトを思いつきました。時間がある時に連絡をください」って来てるんです。

――高橋:来るのや。

藤森:プレゼン資料みたいなのがLINEで送られてきてるので、開いて。とりあえず今年は2人でまた久々にトークライブをしようということになってます。

――高橋:そんなもんで収まらへんよ、あっちゃんのプロジェクトは。

藤森:僕もまだ全部把握してない可能性あるんで。相方に関していうと本当に…すべて僕は「イエス」と言ってきただけなんで(笑)。

――高橋:なんかちょっと夫婦に似てるのかもしれんな、そういうところ。

藤森:イエスっていうのも絶対的に信頼したり、安心感があるからこそイエスと言えるので。この人の言うことなら間違いないなって僕もどこか思いこんでるところがあるんで。そういうパートナーに出会えることがすごく貴重かなと思うんですよね。

■“ととのってないこと”は「結婚に至らない」

――高橋:では、今ととのってないことは何かある?

藤森:結婚できないですね。結婚まで至らないです。

――高橋:何が問題なの?

藤森:タイミングとか…。僕はしたい、向こうはまだしたくない。待ってほしい、いや待てない、みたいな(笑)。

――高橋:なるほど。

藤森:あんまり性格がどうとかそういうことで結婚がなしにということではなくて。今までほとんどタイミングですね。高橋さんも…しなさそうですよね。

――高橋:俺はわかってんねん、なんで結婚に至らないか。

藤森:是非教えてください!

――高橋:俺は完全にびびりやねん。石橋をたたいても渡らへん。これ絶対幸せになれんねんなって確定が見えてないといかれへん。でも最近、そんな言ってたらあかんっていうことに気づいたから、やっと結婚できる可能性もゼロじゃない。

藤森:結婚できるカラダにはなったと(笑)。

――高橋:なった、と俺は思ってる(笑)。