俳優の鈴鹿央士が、2022年冬に1st写真集を発売する。2000年1月11日生まれ、岡山県出身の鈴鹿は、連続テレビ小説「なつぞら」(2019年、NHK総合ほか)でドラマデビュー。同年公開の映画「蜜蜂と遠雷」では、日本アカデミー賞新人俳優賞の他、数々の映画賞新人賞を受賞し、現在はドラマ「六本木クラス」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)に出演している。

■3年間の成長をまとめた写真集

同写真集は、デビュー直後の撮影に慣れていない頃から現在まで、雑誌「プラスアクト」(ワニブックス)で撮影した写真と、地元岡山で撮影した撮り下ろしを1冊に編集。19歳の頃から純粋で天然な姿は変わらず、3年間の成長と俳優としての表現の幅を感じられる姿が収められている。

また、鈴鹿央士公式Instagram&TikTokライブを8月18日(木)夜6時から開催。ファンに投票を募り、写真集の表紙を決定する。発売日近辺には、書店イベントやオンラインイベントも開催予定。

■鈴鹿央士コメント

写真集を出すことになったと聞いた時、「発売日は未定です」と言われていましたが、こんなに早く発売できるとは思っていなくて、とてもうれしい気持ちです。約3年間撮り溜めてきた、その時にしか撮れない表情、僕の変化の軌跡を辿っていく感覚で見ていただけると幸いです。

母校など、思い出の地にもたくさん行かせていただいて、思い出に浸りながら何も考えずに撮られている瞬間もありました。約3年、同じスタッフさんたちと撮り続け作り上げたファースト写真集。ぜひ一度ご覧ください。