10月16日(日)からスタートする連続ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」の記者会見が行われ、清原果耶、小芝風花、及川光博、瀬戸康史が登壇した。

本作は、相沢沙呼のベストセラー小説「medium 霊媒探偵城塚翡翠」をドラマ化したもの。“霊が視える”緑色の瞳のヒロイン・城塚翡翠(清原)が推理作家・香月史郎(瀬戸)と共に“霊媒探偵”として犯人と向き合っていく異色のミステリードラマとなっている。小芝は翡翠のアシスタント“千和崎真”を、及川は警視庁捜査一課の鐘場正和警部を演じている。

■清原果耶の“意外な素顔”を暴露

“翡翠”が“霊が視える”能力を持つことにちなんで、撮影時に見た共演者の意外な素顔を暴露するトークコーナーを展開。

最初は清原の“意外な素顔”から。「はい、はーい!」と元気よく手を上げたのは及川。「果耶ちゃんは見た目麗しいわけですけど、この前、僕がセットチェンジの間に退屈凌ぎに“あたりまえ体操”を踊っていたら、それを見ていた果耶ちゃんが“あたりまえ体操”に付き合ってくれたんです。ありがたかったですね」と撮影の合間でのエピソードを披露。

瀬戸は「いたずらっ子なところがあるなって思いました。大したことじゃないと思うけど、なんかされてる気がする(笑)」と答え、小芝は「思ったより人懐っこい子なんだなって思いました。すごくクールで、一人の時間が好きそうなイメージを勝手に持っていたんですけど、『はじめまして』の時からすごく話してくれて、果耶ちゃんの方から『ごはん行きましょ!』って言ってくれたんです」とイメージとギャップがあったことを明かした。

3人の話を聞いて、清原は「私が現場で素を出しすぎていて、全部受け止めてくれてるんだなって思いました。なので、凝り固まって緊張しすぎることもなく、安心して撮影できています」と笑顔を見せた。

■小芝風花は「“なぞなぞ”が好き」

続いては、小芝の“意外な素顔”。瀬戸が先陣を切って、「“なぞなぞ”が好き」と回答。「待ち時間に、『なぞなぞ出していい?』って言ってきて、すっごくたくさんなぞなぞを出してくるんです(笑)」と話すと、小芝は「でも、二人(瀬戸と清原)がどんどん答えちゃうから、ムキになっていっぱい出しちゃうんです(笑)」とガンコな性格も垣間見えた。

小芝から“なぞなぞ”をまだ出されてない及川が「それは調べたりしてるの?」と質問すると、「はい。調べて、『これ、引っかかりそうだな』って思うのを出しています」と回答。瀬戸から「悩んでいる姿を見るのが好きなんだよね」と、清原から「最後まで答えを言ってくれなかったりするんです」と言われると、「そうです! 悩んでいても答えを言わず、『悩め〜!』って思いながら見てます(笑)」とうれしそうに答えた。

及川の“意外な素顔”については、瀬戸が「めちゃくちゃ優しいです。今日も『寝てる?』『ちゃんと休んでる?』って、スタッフさんへの気遣いがすごかった」と話すと、及川は「あら? それは無意識だった」と答えた。

清原が「とってもポップな人。この作品がはじめましてだったので、『どういう空気感の人なんだろう?』って思っていたんですけど、一緒に“あたりまえ体操”を踊ってくれるような優しい方で感動しました」と話すと、「最年長者なんですけど、心は子どもなんです。まだまだです!」とニッコリ。

■及川光博、瀬戸康史の“王子様”コーデに「うらやましい」

最後は瀬戸の“意外な素顔”。清原の「めちゃくちゃ“おちゃめ”。瀬戸さんこそ、ふざけたがりだと思います。しっかりといっぱボケてくれますし、気に入ったボケを何回も繰り返したりしています」という暴露に対し、「そんなにボケてる? 香月が難しいせりふが多いので、ふざけたことも言いたいんだと思います(笑)」と、撮影の合間には役とは違う“素”が溢れ出しているようだ。

小芝からは「オシャレな洋服を着てそうじゃないですか。でも、いつもジャージの短パンで来られるんです。現場でオシャレするタイプじゃないんだなぁ、意外だなって思いました」と普段の服装について話すと、及川は「瀬戸くんの衣装は王子様みたいなブラウスで、コーディネートがファンタジックなんです。それ、うらやましい。あと15歳若かったらそれを着たかった! 昔はよく着ていたんですけどね(笑)」と“王子様”テイストの衣装に嫉妬心を燃やした。

◆取材・文=田中隆信