中村勘九郎(六代目)が、2023年放送スタートの大河ドラマ「どうする家康」(夜8:00-8:45ほか※初回は15分拡大、NHK総合ほか)に出演することが発表された。松本潤主演、古沢良太が脚本を務める同ドラマは、誰もが知る徳川家康の人生を新たな視点で描く、ひとりの弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語。

勘九郎は、“困った時に現れる京の豪商”茶屋清延/四郎次郎を演じる。ちっぽけな三河の田舎大名・徳川家康に財を預け、出世を見込んで大博打を打った商魂たくましい陽気な男。数々のピンチを救い、家康のサクセストーリーとともに国づくりを支え、日本一への豪商へとのしあがる、という役どころだ。出演にあたり勘九郎がコメントを寄せた。

■「“松本家康殿”のため身を粉にしてお仕えしたい」

――役柄説明を読んで、演じる人物の印象はいかがでしょうか。

徳川家康の御用商人として取り立てられた茶屋四郎次郎、家康の数々のピンチを救った男ですが、公私ともに仲が良い“松本家康殿”のため身を粉にしてお仕えしたいと思います。「茶屋四郎次郎にお任せあれ!!」。


――大河ドラマのご出演で、印象に残っていることはありますか?

一年をかけて一人の人物を演じるということはなかなか無いので、思い入れも強くなってきますし、勘九郎なのか、その人物なのかわからなくなったり、錯覚してくる時もしばしばあります。そういう経験ができるというのは大河ドラマでしかないので貴重な現場です。

■キャスト発表第6弾!立川談春、古川琴音らに続く7人目

今回の発表は、大河ドラマ「どうする家康」公式Twitterにて行われており、勘九郎は、酒向芳、立川談春、大貫勇輔、田辺誠一、市川右團次、古川琴音に続く7人目のキャスト発表となる。