波瑠が主演を務めるドラマ「わたしのお嫁くん」(毎週水曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)第8話が、5月31日(水)に放送される。

■“ズボラ女子”ד家事力最強男子”の社会派ラブコメディー

同作は、仕事を完璧にこなし、同僚たちからも憧れの存在でありながらも“ズボラ女子”の一面をもつ主人公・速見穂香(波瑠)が、あることをきっかけに、会社の後輩で家事が圧倒的に得意な“家事力最強男子”の山本知博(高杉真宙)を嫁に迎えるという“社会派ラブコメディー”。速見と山本の同僚役として前田拳太郎、仁村紗和、中村蒼、山本の兄役として竹財輝之助と古川雄大、速見の親友役としてヒコロヒーが出演する。

■注目の第8話では――

速見穂香(波瑠)と山本知博(高杉真宙)が同居するマンションに、福岡出張から戻った古賀一織(中村蒼)が訪ねてきた。そこで速見は、二日酔いだという古賀に、山本が速見のために作ってくれたおかゆを勧めた。食べたいという古賀を快く受け入れると、ゴミを出しに行く山本。そのときマンションに思わぬ人物が現れた。速見の父母、健一(宇梶剛士)と良子(富田靖子)だった。

健一らは、古賀のことを娘の交際相手だと勘違いし大喜びする。すかさず古賀の写真を撮りまくり、親戚中に送ってしまう良子。すると、速見のことを心配していた親戚連中から続々と「おめでとう」メッセージが送られてくる状況に。


速見は慌ててそれを否定し、ゴミ出しから戻ってきた山本を健一らに紹介する。だが、親戚にも古賀ではなく山本が恋人だと訂正してほしい、と頼むと「それはちょっと難しい」と言い出す健一。祖母の勝子(茅島成美)が古賀との交際を大喜びし、すでに会う日取りまで決めてしまったというのだ。実は古賀は、去年死別した勝子の夫の若い頃にそっくりなのだという。送られてきた動画で、久しぶりに元気を取り戻した勝子の姿を見た健一らは、一日だけでいいから彼氏役を演じてほしい、と古賀に頼む。

――という物語が描かれる。

公式Twitterなどで見ることができる予告動画では、速見と古賀が、速見の実家の前にいる様子が。そこで古賀は「俺とおるときは山本くんのこと考えるの禁止。今は俺の彼女やけん」と話す他、「俺は別によかけど、本当に付き合っても」と速見に告白のような言葉をかける。

一方、山本が「俺もいつまで彼氏でいられるか分かりません…」とつぶやく声や、不安を募らせた山本が「いっつも俺ばっかり好きですよね」と言い、速見をソファに押し倒す姿も映し出されている。

「わたしのお嫁くん」第8話は、5月31日(水)夜10:00よりフジテレビ系で放送。