9月9日(土)から28日(木)に東京・帝国劇場で上演されるミュージカル「DREAM BOYS」のゲネプロが9月9日に行われ、主演のSnow Man・渡辺翔太、Champ役のSixTONES・森本慎太郎が囲み取材に応じた。

■渡辺翔太×森本慎太郎による新生「DREAM BOYS」

2004年1月の滝沢秀明主演による初演以来、亀梨和也(2004〜2012年主演)、玉森裕太(2013〜2018年主演)、岸優太(2019〜2021年1月主演)、菊池風磨(2021年〜2022年主演)らを中心に、毎年さまざまな組み合わせで演じられてきた同シリーズ。

20年目を迎える今年は、主演(ショウタ役)に渡辺、Champ(シンタロウ役)に森本が抜てきされ、2019年の公演から演出に加わった堂本光一が一手に演出を手掛けている。

■7 MEN 侍、少年忍者ら後輩の支えに感謝

共演する7 MEN 侍、少年忍者らジャニーズJr.の活躍ぶりについて、森本は「Jr.の子たちに、逆に俺から聞くことも多くて。やっぱりJr.の子たちの方が、光一くん演出になってからの『DREAM BOYS』にはたくさん立っているからこそ、その演出だったりっていう意図をたくさん分かっているので、僕たちをサポートしてくれてるって感じがすごくしますね」と感謝の気持ちを表す。

渡辺も「少し上から目線になってしまいますが、一人一人が本当に自立しているというか。Jr.っていうより、いちタレントといいますか。一人一人に華があって、今のJr.の子たちの成長は本当にすごいなっていうふうに。だから逆に僕も聞くことが多いくらいの状況です」と、後輩らの姿勢を称した。

紫吹淳、鳳蘭との共演については、森本が「お二人と目が合うと笑ってくださるんですね、僕は特に何もしてないんですけど(笑)。『あ、こいつは常にふざけてるやつなんだ』ともしかしたら思っているかもしれなくて(笑)。もっと笑かしたい気持ちもあるんですけど、真面目さも見せていきたいと、ちょっと複雑な思いでいます」と胸中を明かす。

渡辺は「僕は、その逆っていうのも変ですけど、この立ち位置で『DREAM BOYS』に立つということは初めてなので、いっぱいいっぱいな部分や緊張が裏で出ているのか、鳳さんや紫吹さんにいつも『大丈夫だから』『堂々としなさい』と、活を入れていただいていますね」と語った。



■渡辺翔太、佐久間大介からのメッセージに「ちょっとイラッとしました(笑)」

それぞれのグループのメンバーからの反響について、森本は「高地(優吾)からさっきLINE届いてましたね。『初日おめでとう。頑張ってね』、以上でした(笑)」と簡潔に報告。それでも、SixTONES全員で集まるときには、各々が「ドリボ楽しみだな」と言ってくれるという。

また、2021年〜2022年にChamp役を務めた田中樹には特に見に来てほしいといい、「樹には見てもらいたいですね。前回Champでしたし。僕と樹のChampって、演じ方だったり、声だったり、何もかも違うからこそ、そこが新しくなった『DREAM BOYS』の良さでもあったりするので、見てもらって『俺のChampすごいだろ』とか、ドヤ顔でやっていたいなと思いますね」と意気込んだ。

一方の渡辺は「僕も朝、起床してから携帯を見たら、佐久間(大介)からLINEが来てまして。“初日おめでとう”かなと思ったんですよ。で、パッと見たら、『昨日のMステで思ったんだけど、髪伸ばせば?』って来ていて。今日初日だからそういう話かなと思ったら、昨日の僕のテレビ番組のビジュアルを見ての感想が来ていて、ちょっとイラッとしました(笑)」と発言。会場の笑いを誘った。

しかし、その後、他のメンバーからも次々にグループLINEで、「かましてこい」「行ってこい」「楽しめ」といったエールをもらったといい、「心強いですね、やっぱり。グループにいるっていうのは」と、メンバーのありがたみをかみ締めていた。

■「それが僕たちがいまできる最善の務め」

最後に、事務所が新体制になったことについて話題が及ぶと、森本は「実際に僕も会見は見ましたし、すごく複雑なところはやっぱりあるんですよ。でも、僕たちがステージに立ってできることって、堂々とエンターテインメントをお客さんに見てもらって、それで新体制ジャニーズを応援してもらえるかどうかだとは思っていて」と真剣な面持ちで話し出す。

続けて、「なので、僕はこのステージに立って、最大限を尽くして、新体制ジャニーズとして先がどうなっていくかはまだよく分かっていないところも正直あるんですけど、でもできることはしたいなと思っていて。皆さんに見てもらって、今後の森本だったり、SixTONESだったり、そしてジャニーズの未来みたいなものを、想像して、楽しんで、安心して応援してもらえるように、まずはこの1カ月間精一杯頑張ろうと思っています」と覚悟を見せた。

渡辺は「事務所が大きな転換期を迎えている最中に、今日この『DREAM BOYS』が初日を迎えるということで…。でも、こういった状況の中で、お客さんは変わらず帝国劇場に足を運んでくださるというところに、とにかく本当に感謝しなきゃいけないなというふうに思っています」と言葉にする。

そして、「僕たちタレントができることは、今いただいているお仕事を全力でこなして、とにかくお客さんに楽しんで笑顔になっていただく。それが僕たちがいまできる最善の務めかなと思います。なので、これからもステージで笑顔でいろいろなお客さんを楽しませて、新たな未来を構築していけたらなというふうに思っていますので、お力をお貸しください」とメッセージを送り、会見は終了した。

※高地優吾の高は正しくは「はしご高」