福原遥が水上恒司とW主演を務める映画「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」が、2023年12月8日(金)に公開。福原に、戦争を題材にした作品や演じた役柄について、さらに共演する水上や伊藤健太郎との撮影現場でのエピソードなどを聞くと、大切に役に向き合った福原が紡ぐ温かい言葉があふれた。

本作は、SNSを中心に話題となり、シリーズ累計発行部数85万部を突破した汐見夏衛氏の同名小説が原作。現代の女子高校生・加納百合(福原)が目を覚ますと、そこは1945年の日本。そこで出会った佐久間彰(水上)に助けられどんどん惹かれていくが、彰は特攻隊員で程なく命懸けで戦地に飛ぶ運命だった。現代の女子高生と戦時下の特攻隊員の、時を超えた愛を描く。


■百合の「イライラしている部分」はどう演じるかすごく悩みました

――原作を初めて読んだときの感想はいかがでしたか。

とても感動して素敵な作品だなと本当に思いました。同時にこの物語が2時間の映画になるということで「自分にできるかな」という不安な気持ちも感じました。ですが原作が素晴らしいですし、戦争を題材にした作品ですので、しっかりと演じられるように頑張りたいと思いました。

――今回演じた加納百合は、自身と似ているところはありましたか。演じるにあたり苦労したことがありましたら教えてください。

最初、現代での百合は思春期でなんかイライラして親に当たっちゃう…という部分があって、私はあまりそういう経験がないので、どう演じるかすごく悩みました。でもお母さんのことが大好きで大切に思っているからこそイライラしてしまうという、すごく家族思いなところが大きいと気づいて、私もお母さんはもちろん家族も大好きで、そういう部分は同じ感覚だなって思いました。

また百合は作品の中で人間的に成長していって最初と最後で全然違うなと思ったのですが、思いを伝える強さというか、真の部分はブレてなくてしっかりしている印象を受けました。そこさえブレなければ大丈夫と思い、百合と向き合っていましたね。

■心が折れそうになったけど「ずっと彰のままだった」水上恒司が心強かった

――W主演を務める水上さんとは、お互いの役作りや2人のシーンについて、どんなお話をされましたか。印象に残っているエピソードを教えてください。

百合と彰がどういう流れで惹かれあっていったのか…というのを、台本を読みながらすごく話し合いました。戦時中の特攻隊員との恋ということもあり、2人が想いを直接伝え合う言葉がなかったので、お互いが惹かれあったタイミングや、シーンごとにどのくらい相手を想っていて、どのくらい相手が自分の想いに気づいているのかを擦り合わせるために、たくさん話し合ったのが印象に残っています。

現場の水上さんは、ずっと彰のままでいてくださって安心感がすごかったです。私は最後まで「大丈夫かな」といろんな不安だったり葛藤だったりを抱えていて、心が折れそうになったりもしたんですけど、水上さんが最後までブレずにしっかり彰として歩いてくださったので、それがとっても大きくて心強かったし、本当に支えてもらっていたと思っています。

――本作で特に印象に残っているシーンを教えてください。

彰と一緒にかき氷を食べるシーンです。作品の中で、唯一といっていいほど楽しいシーンだと思うし、百合と彰にとってすごく大事な時間でした。笑顔があふれていて幸せを感じられるシーンで、とても好きですね。

■伊藤健太郎お手製の豚汁に「作品への愛や現場への優しさを感じた」

――百合と彰の2人の関係を語るときに、伊藤健太郎さんが演じた石丸の存在はとても大きく感じました。撮影現場ではどんな存在でしたか。印象に残っているエピソードを教えてください。

伊藤さんはお芝居でももちろん支えていただいたんですが、ロケ地で朝から自分で仕込みから始めて、みんなに豚汁を作ってくれたんです。めちゃめちゃ美味しかったんですが、それ以上に作品への愛というか現場への優しさをすごい感じました。

――もし福原さんが百合のように目覚めたら1945年だったとしたら、どんな反応をしてどんな行動をすると思いますか。

とてもリアルにはイメージが湧かないですけど、きっと百合と同じ感じになるんじゃないかと思います。

■百合が彰に少しずつ惹かれたように、私も「友達からスタート」

――作中では彰は百合に一目惚れをしたように感じましたが、百合は彰に少しずつ惹かれたと感じます。福原さんは一目惚れをするタイプですか。少しずつ惹かれていくタイプですか。

そうですね、私は一目惚れはしないと思います。百合と同じように友達からスタートして、少しずつ相手のことがわかって惹かれていくんじゃないかなぁと思いますね。

――彰が百合を連れて行ったユリの花畑のように、福原さんにとってお気に入りだったり思い入れがある場所はありますか。

長崎県の五島列島です。主演を務めさせていただいた朝ドラ「舞いあがれ!」(2022年-2023年、NHK)の撮影地で、海や山の自然はもちろんですが、何より地元の方々が本当に温かくて家族のように迎えてくださったのがうれしくって…。第二の故郷という感覚で、すぐ帰りたいなって思える落ち着ける場所になりました。

――最後に本作の見どころや読者へのメッセージをお願いします。

本作を見ていただいてこういう事実があったってことを知ってほしいし、忘れずにいてほしいと願います。また人と人との深い愛だったり、今ある自分たちの生活が当たり前じゃなくて、幸せなことなんだなっていうのを改めて感じられる作品だとも思います。

この作品がみなさんにとって「後悔のない人生を歩んでいきたい」って思ってもらえるような、勇気を届けられるような作品になったらいいなと思っています。

◆取材・文/綱島深雪
撮影/友野雄
衣装協力/ADEAM、ANTEPRIMA