声優の関智一とファイルーズあいが出演する「声優と夜あそび 金」(毎週月〜土曜夜10:00-11:30 ABEMAアニメLIVEチャンネル)、6月7日放送の #7では「心はひとつ!協力チャレンジ3番勝負!」として、「思考を合わせろ!連想合体クイズ!」「イメージを合わせろ!AIでお絵描き伝言ゲーム」「価値観を合わせろ!“ito”レインボー」の3つの協力ゲームで、ふたりの絆を確かめていった。

■「心はひとつ!協力チャレンジ3番勝負!」

初回で撮影した写真をプリントした金曜日のオリジナルTシャツがついに完成したということで、おそろいのTシャツを着て登場した今回は、おそろいのTシャツでより絆が深まっているはずということで、「心はひとつ!協力チャレンジ3番勝負!」と題したコーナーが行われ、ふたりが3つの協力ゲームに挑戦した。

最初の「思考を合わせろ!連想合体クイズ!」は、お題に対して連想したものの名前の前半をファイルーズ、後半を関が答え、ふたりの答えがそろったら成功というゲーム。建物や食べ物も出題されるということで、答えの前半と後半を、どこで分けるのかも予想して回答しなければならない。

そんななか「歴史上の偉人といえば?」では「エジ」「ソン」、「最強の必殺技といえば?」では「かめはめ」「波」、さらに「喫茶店の定番料理といえば?」というお題では「ナポリ」「タン」と分ける位置まで完全に意思疎通し、ミラクル解答を連発する。3分以内に3問正解でクリアのところ、5問正解と余裕でクリアし、ファイルーズは「すごい!相性ぴったり」と大いに喜ぶ。

しかしその後、おたがいの回答をふり返ってみると、「頭がいいキャラといえば?」では「〇〇“くん”」、「いちばん有名なスポーツ選手といえば?」では「〇〇“選手”」と回答していた関のずるがしこい作戦が発覚し、ファイルーズは「ずるい! なんでもありじゃないですか!」と大爆笑する。瞬時に機転を利かせた関の頭脳プレイに、ファイルーズは「天才だ……このゲーム、向いてますね」と感心していた。

続いて行われたチャットGPTのイラスト生成機能を使った「イメージを合わせろ!AIでお絵描き伝言ゲーム」では、関がAIとまったく意思疎通ができず、大苦戦する。

出題者がお題のイラストを描いてもらうよう、チャットGPTに指示を出し、回答者はチャットGPTが描いた絵を見て、お題を当てるというゲームで、チャットGPTに入れるキーワードがポイントとなってくるが、チャットGPTが出した想定外のイラストに、関は思わず大爆笑する。回答者のファイルーズからは「はぁぁぁ!? わかんない!」「なんでこんなことするんですか!」と怒られる始末で、チャットGPTにふり回されるふたりにスタジオは笑いに包まれていた。

■「叫ぶと必殺技っぽい言葉(架空)」

そして最後は「価値観を合わせろ!“ito”レインボー」に挑戦する。「ito」とは、価値観を共有する協力型カードゲームで、1から100までの数字が書かれたカードのうち、手札に書かれた数字の大きさをお題にそったもので表現し、プレイヤー同士、意思疎通しながら、順番に並べていくというもので、今回は「叫ぶと必殺技っぽい言葉(架空)」がお題になる。

それぞれカードを2枚ずつ引くと、ファイルーズは「エターナルギガンティックサンダー」と、強技だという「終わりだ……二ライカナイ」を提示する。

続く関は、「ソリッドバーニングパンチツイン」と、強敵が来た際の奥義「ギャラクティカエヴォリューティックグルネードタイフーンSP」という必殺技を提示する。

その後、「私、けっこう強い自信があって。“終わりだ……二ライカナイ”がいちばん強いと思います」と語るファイルーズ。関も「タイフーンSPも、けっこうパワーあるよ?」とアピールするも、「でも、これには勝てないと思います。“終わり”って言ってますから!」と自信たっぷりに言い放ったファイルーズを信じ、「終わりだ……二ライカナイ」→「ギャラクティカエヴォリューティックグルネードタイフーンSP」の順で並べる。

しかし、その後の正解発表で二ライカナイが80、タイフーンSPが95であったことがわかると、ふたりは撃沈し「(タイフーンSP)超強いじゃないですか! 謙虚すぎますって」と訴えるファイルーズに、関も「(二ライカナイ)そんなんでもないじゃない! 100まであるんだから」と反論する。先ほどまで自信満々だったファイルーズは、「やっちゃったなぁ〜」と反省していた。