川口春奈主演の金曜ドラマ「9ボーダー」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第9話が6月14日に放送。七苗(川口)とコウタロウ(松下洸平)の恋の行方が気になる中、七苗に片思いしていた幼なじみの陽太(木戸大聖)も注目された。(以下、ネタバレを含みます)

■“ボーダー世代3姉妹”の奮闘を描く

同ドラマは、「LOVE」「LIFE」「LIMIT」の“3L”をテーマに、19歳、29歳、39歳と、いわゆる大台を迎える前のラストイヤー=9ボーダー真っただ中の3姉妹が、モヤモヤや焦りを抱え、幸せになりたいともがきながら人生を前向きに進んでいく姿を完全オリジナルで描くヒューマンラブストーリー。

主人公の29歳の次女・大庭七苗(なな)を川口、39歳の長女・成澤六月(むつき)を木南晴夏、19歳の三女・大庭八海(はつみ)を畑芽育が演じる。

また、3姉妹の“3L”に大きく関わる人物として、物語のキーマンとなるコウタロウを松下洸平、六月が所長を務める会計事務所にやってくる自由奔放な新人公認会計士・松嶋朔を井之脇海、七苗と同い年で幼なじみの高木陽太は木戸大聖が扮(ふん)する。

■陽太の気持ちを七苗がようやく知る

七苗らの家業である銭湯、おおば湯がついにリニューアルした第9話。オープンから1週間たつも、集客は難しかった。

そんなとき、七苗が中学の同窓会をおおば湯で開催することを思い付いた。場所を変えて二次会で盛り上がる中、同級生から「陽太って七苗のこと好きだったよね」と聞いた七苗は驚く。

帰り道、酔い潰れた七苗を背負って歩く陽太。七苗は「私のこと好きだった?」と問い掛けると、陽太は「そうだよ」と答えた。

だが、「でもきっと、一番の親友なんだと思う。くされ縁寄りの親友」と続けた。

陽太はようやく気持ちに区切りをつけたようだ。

■八海を気にするような様子を見せた陽太はどうなる?

そんな陽太も、八海が実は自分に好意を寄せていたことに気付いていなかった。第5話で八海は陽太に告白したが、陽太の七苗への気持ちを知っていた八海は「大丈夫、返事は分かってる」と言っていた。

ところが、この第9話で八海のことを意識しているような場面があった。

おおば湯のリニューアルオープンの日、八海がかつてマッチングアプリで出会い、いまは海外赴任している立花(兵頭功海)とテレビ電話で会話している様子を見つめていたのだ。

10歳違いということから、八海のことを“子ども扱い”してきた陽太の恋心に変化が訪れたのだろうか。七苗と同じ年の陽太も“ボーダー世代”で、変化のときなのだ。

視聴者からも「陽太、八海のこと意識してきてる?」「八海とくっつくのかな〜」「八海のこともう好きなのかな」「八海とどうなるんだろう」といった声が。

ただ、次回、6月21日(金)放送の最終回の予告によると、「男女の友情なんて成立しねぇけどな」という陽太のせりふがあるようだ。さて、それは七苗のことなのか、八海とのことなのか…展開に注目だ。

◆文=ザテレビジョンドラマ部