前田拳太郎と奥智哉がW主演を務めるドラマ「君とゆきて咲く〜新選組青春録〜」(毎週水曜夜0:15-0:45、テレビ朝日※関東ローカル)の公式Instagramが6月19日に更新。同ドラマに芹沢鴨役で出演する三浦涼介がピースサインをするオフショットが公開された。

■「君とゆきて咲く〜新選組青春録〜」とは

本作は、史実を織り交ぜながら隊士たちの葛藤を描いた、手塚治虫氏の隠れた名作「新選組」を原作とした“シン・時代劇ドラマ”。幕末の時代を生き、はかなく散っていった新選組隊士たちの青春群像劇を、殺陣パフォーマンスや剣舞を取り入れた新たなスタイルで描く。

近藤勇や沖田総司、芹沢鴨など、新選組メンバーを中心に実在の人物も登場するが、物語の中心となるのは、オリジナルキャラクターとして描かれる深草丘十郎、鎌切大作という若き二人の隊士。二人は熱い友情を育んでいくものの、いつしか時代の波に翻弄(ほんろう)され、互いに殺し合わなくてはならない悲壮な運命へとなだれ込んでいく。

物語の主人公となる大作と丘十郎を演じるのは、前田拳太郎と奥智哉。「仮面ライダーリバイス」(2021年〜2022年、テレビ朝日系)で共演経験のある二人が、本作では熱い友情で結ばれた新選組の若き隊士を演じている。また、三浦は新選組の頭取だった芹沢鴨を演じている。

■芹沢鴨の最期を熱演の三浦涼介のオフショットに「最後まで美しかった」の声

この日、公式Instagramは「涙なしでは見ることができない第9話…芹沢鴨ロスの皆さんへ」とコメントし写真を投稿。芹沢鴨の衣装に身を包んだ三浦がピースをするオフショットが公開された。

この投稿にファンからは「ほんと最後まで美しかった」「芹沢さんの最期めちゃくちゃ迫力ありました。素晴らしい演技でした!!」「最後までかっこよかったです」「こんなに魅力的な鴨さま他にいません」「素晴らしい最期でした」など、作中で亡くなった芹沢を惜しむ声が寄せられた。