「キャロル&チューズデイ」物語の鍵を握る新キャラ公開!さらにOPはNulbarich、EDはBenny Singsが手掛ける!

「キャロル&チューズデイ」物語の鍵を握る新キャラ公開!さらにOPはNulbarich、EDはBenny Singsが手掛ける!

2019年4月スタートする、ボンズ20周年×フライングドッグ10周年記念作品テレビアニメ「キャロル&チューズデイ」の新キャラクター設定、OP&ED情報が公開された。

「キャロル&チューズデイ」の総監督は「サムライチャンプルー」や「カウボーイビバップ」などの渡辺信一郎、キャラクター原案は日清食品カップヌードルCMや「その時、カノジョは。」などのキャラクターデザインで知られる窪之内英策が務める。

人類が火星に移り住んでから50年になろうという時代を舞台に、ミュージシャンを目指すの少女・キャロルと、ミュージシャンになりたいと思っていたが、誰にも理解されず孤独を感じる少女・チューズデイの2人が起こす奇跡の物語。

今回キャラクター設定が解禁されたのは、音楽プロデューサー、敏腕マネージャー、AIプログラマー、音楽プロデューサーという、物語の重要な鍵を握る予感がする男性4人だ。

また、オープニングテーマ&エンディングテーマを手掛けるコンポーザーが発表され、オープニングテーマはNulbarich書き下ろしの「Kiss Me」。エンディングテーマはオランダを代表するポップの才人・Benny Singsの「Hold Me Now」に決定。歌唱アーティストは後日解禁されるとのこと。

合わせて、劇中ボーカル曲参加コンポーザー第2弾が発表となった。グラミー賞を受賞したビヨンセ「Halo」やリアーナ、ジェニファーロペスなど超大物アーティストに楽曲を提供しているEvan "Kidd" Bogartや、現在活動停止中ではあるがロック・ファンにはなじみの深いKeaneのTim Rice-Oxley、コーネリアスやファイストなどとのコラボも話題となったノルウェー出身のグループ、Kings of ConvenienceのEirikGlambek Boeなど、こちらも豪華な布陣となっている。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索