甘く危険な元ヤン教師を演じる中村倫也「僕も直球で告白すると思います」

甘く危険な元ヤン教師を演じる中村倫也「僕も直球で告白すると思います」

現在放送中のドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)で、元ヤンの高校教師・山下一真を演じている中村倫也。高校の同級生だった主人公・順子(深田恭子)を好きになり、順子の幼なじみ八雲雅志(永山絢斗)と教え子の由利匡平(横浜流星)と共に四角関係に陥ってしまう“モテ男”という設定。公式ホームページの説明には「甘く危険な男性の魅力を持つ、キチンと大人な元ヤンモテ教師」とあるが…。

――記者会見では「スリリングで危険な存在でいられたら」と話されていましたが、山下を演じる上で意識されていることを教えてください。

山下というキャラクターもそうですが、順子を取り囲む雅志と匡平との関係性の違いは意識していますね。例えば、山下と順子のシーンの空気感や雰囲気の違い。山下は3人の中で一番言葉の矢印が直線なので、そういうところが「スリリングで危険な存在」につながればいいなと思っています。

――中村さん自身は、ストレートな山下タイプ、不器用な雅志タイプ、情熱の匡平タイプのどれに一番近いと思いますか?

男的にはどれも分かりますけど、僕は割と思ったことをはっきり言う方なので、山下に近いのかもしれませんね。もし自分に好きな子がいたとしても、性格的に回りくどいことはできないので、直球で告白すると思います。

――ただ、順子と再会したときの山下は既婚者で、それを知った順子が自分の気持ちにストップをかけるシーンもありました。その後、第5話で妻との離婚が成立し、順子との恋にハードルがなくなったと思うのですが…。

もちろん、恋愛がクローズアップされている物語ではありますが、演じる自分にとっては山下が嫁とうまくいっていなかったというのも重要なポイントでした。何かしら山下にも非がなければ離婚という結果になっていないと思うし、そういうところは自分で勝手に考えながら演じていましたね。

――その中村さんが想像された“山下の非”とは?

多分、山下は言葉や感情がストレートな分、その過程にある気持ちや感覚的なニュアンスをあまり言葉で表現してこなかったんだと思います。だからこそ、言われた相手はきつく感じてしまうし、嫁とうまくいかなかった理由もそれなのかなと。少なからず自分にもそういうところがあるので、そういう意味では自分が山下を演じているからそうなったのかなという思いもありますね(笑)。

――でも、山下は正々堂々と恋愛を戦っていて、恋のライバルであるほかの2人をアシストするシーンも。どういった理由で山下はそういう言動に出たのだと思いますか?

それは山下の曲がったことが嫌いな性格が影響していると思います。多分、彼の中にはスポーツマンシップ的なところがあるんでしょうね。山下は設定的には元ヤンですが、僕は元ヤンだと思って演じていなくて、それこそ裏でこそこそするぐらいなら、「俺はこいつのことが好きだ」と宣言すると思うし、恋のライバルである雅志や匡平に対しても「俺も順子に惚れたから、一緒に頑張ろう」と言うのではないかと。

――それを含めて山下は元ヤンとか関係なく、真っすぐで男らしい男ですね。

そうですよね。それこそ、原作(持田あきによる同名漫画)に出てくる山下がめちゃくちゃカッコいいんですよね。なので、山下を演じるには男らしさが重要だと思っていましたし、大人の男という意味でも、雅志と匡平と違う魅力が出せればいいなと思っています。

――ここからは中村さん自身に寄った質問をさせていただきます。山下は高校の社会科の先生ですが、もし中村さんが生徒に教えるとするならば?

フリップ芸的な生物の授業じゃないですかね(笑)。例えば、のみが人間サイズだったら余裕で東京タワーの展望台を飛び越えられるんじゃないかとか、人間と人間以外の生物を同列に考えるのが好きで、そういう話をすれば生物に興味がない人も話を聞いてくれるんじゃないかと思って。

――確かに興味深いです(笑)。

でも、友人と飲んでるときにそういう話をすると、持って10分。その後、進化論の話になってくるので、誰も話についてきてくれません(笑)。

――中村さんがこれまで出会った先生の中で印象的な方はいらっしゃいますか?

小学校5、6年のときに担任していただいた男性の先生ですね。みんなに慕われていた先生で、突然「みんな外に出ろ! 今日はソフトボール大会だ」と言い出したり、ギターを弾いて生徒に歌わせたり(笑)。

そうやって先生がやっていることは滅茶苦茶なんですが、クラスの学力的には高かったんですよね。それが先生の計算だったのかどうかは分かりませんが、僕自身も「遊ぶときはちゃんと遊んで、学ぶときはちゃんと学ぶ」という姿勢を、その先生から教えていただいたと思っています。

――山下が勤務するのは、お世辞にも偏差値がいいとは言えず、自由奔放な生徒が集まっている高校ですが、高校時代の中村さんはどういう生徒でしたか?

いかにふざけながら先生に気に入られるのかを実践していましたね。受験勉強をしたくなかったので、ふざけながらも内申点だけは稼いでおこうと思って(笑)。

今でも連絡を取り合っている当時の仲間はいて、今年の正月も彼らとお酒を飲んだんですが、話をしていてお互いに大人になったんだと思いましたね(笑)。

――では最後にドラマの今後の見どころは?

2月19日(火)放送の第6話では、これまで山下が直接会ったことのなかった雅志や、順子の親友・美和(安達祐実)と接点を持つシーンが出てきます。それによって外側の人間から見た山下の輪郭が浮き彫りになってくると思うので、そういった部分を含めて、今後、順子を巡る男たちのラブバトルがどういう展開を迎えるのか、ぜひ注目してください!(ザテレビジョン・取材・文=馬場英美)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索