“日テレの朝ドラ”、仕掛けをプロデューサーが明かす

“日テレの朝ドラ”、仕掛けをプロデューサーが明かす

10月1日から「ZIP!」(毎週月〜金曜朝5:50-8:00、日本テレビ系)内で放送されている「生田家の朝」。福山雅治が企画・プロデュース・主題歌を務め、バカリズムが脚本を手掛けている。

バカリズムは、かつて「リアルな日常生活を描いていると、突然びっくりさせたくなることがあるんですよね。そこで今回は、前回にはなかった”仕掛け“をいくつか用意しています!

視聴者が気付くかな?というものもあれば、本当にビックリするものもあります。どれも他のドラマでは絶対できない『生田家の朝』ならではの仕掛けです」と出演者を前に語っていた。今回、10月15日放送でその仕掛けの一つが披露された。

ラストシーンで、生田家の4人は、リビングで朝食を食べながらテレビを見ている。テレビ画面に映っているのは「ZIP!」のスタジオで華麗なダンスを披露する火曜パーソナリティーの山下健二郎ら3人の姿。

それだけだったら、別に不思議はないが「あれっ?」と疑問を持つのは、ドラマが終わり、映像が生放送の「ZIP!」のスタジオに切り替わった瞬間。

ドラマのテレビで流れていたダンスの映像が全く途切れることなく、そのまま「ZIP!」のスタジオでのダンスシーンにつながっていた。

しかし、ドラマは事前に収録し編集したものであり、一方の「ZIP!」は生放送。生放送中のスタジオでの3人の動きにつながっていくカラクリについて、小田玲奈プロデューサーが解説する。

■ 「生田家の朝」小田玲奈プロデューサーコメント

皆さん、今日の「生田家の朝」驚いていただけたでしょうか?実は、生放送の映像をドラマに合成していたんです。ドラマ撮影時にはブルーバックで撮ったテレビ画面に、今朝放送の「ZIP!」のスタジオの映像を合成しました。

去年、福山雅治さんとバカリズムさんは朝ドラマを作ろうと話し始めた初期段階に「生放送でドラマをやりたい」とおっしゃっていました。

その当時は「早朝に生放送のドラマなんて絶対無理!」と思っていましたが、今年「生田家の朝」の第2弾が決まった際、改めて「これどうやって撮っているのかな?と視聴者を驚かせることをしよう」と福山さんバカリズムさんと話し、今回のアイデアに行き着きました。

「ZIP!」のスタッフもこの「ドラマに生放送を合成する」というチャレンジを面白がってくれて、生放送でしかできないことについてアイデアをいただいた結果、「ドラマからスタジオに画面が切り替わった時に動きがつながる」という不思議な演出を実現することができました。

これは「生田家の朝」が、生放送の「ZIP!」内で放送されているドラマだからこそ実現できたこと!ドラマのストーリー自体はどこの家庭でも起こりそうなありふれた話なのに、時折こういうサプライズがある…。それが「生田家の朝」です。

残り2週間を切りましたが、実は脚本のバカリズムさんが仕掛けた一番大きなサプライズがまだ残っています!

以前の取材で福山さんが「かつてこんなことを連続ドラマでやったことがあるだろうか」と絶賛した“大仕掛け”、どうぞご期待ください!(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る