<PSYCHO-PASS サイコパス>劇場版一挙放送! 拡大し続けるシリーズを一発整理!<ザテレビジョンシネマ部>

<PSYCHO-PASS サイコパス>劇場版一挙放送! 拡大し続けるシリーズを一発整理!<ザテレビジョンシネマ部>

アニメが「大人でも楽しめる」といわれるようになってから随分とたったが、その中で明確に増えたジャンルがある。それは“刑事もの”だ。

子ども向けといわれていた時代のアニメは、推理し謎を解く物語や作品はあっても、子どもたちに共感を得るため、主人公の肩書を子どもでも不自然でない…明確な年齢制限もなく公式な免許の必要もない“探偵”にするケースが多かった。だが、大人向けならば主人公が刑事や検察・公安などの捜査・逮捕権を持つ職業でも、少々難解な推理/サスペンス描写があっても問題はない。またこれにより、より実写ドラマに近い、いや、実写ドラマとも違うトリックやロジックを入れ込んだエンターテインメントが可能になってくる。

その代表作ともいえるのが『PSYCHO-PASS サイコパス』だ。アニメーション制作は『攻殻機動隊』シリーズを手掛けるプロダクションI.G。第1作となったシリーズでは、あの『踊る大捜査線』シリーズの本広克行が総監督として名を連ねている。

舞台は、人の心理状態を数値化する技術(通称サイコパス)が発展した近未来の日本。だがそれは、有害なストレスから解放されるため、どんな服装、食事、映画が良いか…といった個人的なサポートだけに活用されていたわけではなかった。政府は、市民の健康と社会的秩序を守るという名目でサイコパスを管理運用する〈シビュラシステム〉を利用。有害なストレスの高まりを犯罪係数と称し計測、一定値を超えた人物たちを“潜在犯”として保護(実質的な逮捕・拘束)していたのだ。

2012年からスタートしたTVシリーズでは、〈シビュラシステム〉を運用し“潜在犯”を取り締まる公安局刑事課に赴任した新人監視官、常守朱(つねもりあかね)の視点からドラマは展開していく。公安は優良なサイコパスを持つ監視官と、犯罪者の心理をつかみやすいという理由から“潜在犯”と認定された人物を執行官としてバディを組み執務に当たらせていたが、常守と組むこととなった執行官は、元監視官だった狡噛慎也(こうがみしんや)。当初、狡噛の行動を理解できない常守だったが、幾つもの事件に関わる中で狡噛という人物を知り、〈シビュラシステム〉の秘密を知ることになる。

今回、WOWOWで放送される『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス(2015)』(11月15日夜10:45 WOWOWシネマほか)は、常守が監視官になってから4年後の2116年が舞台。〈シビュラシステム〉の監視をくぐり抜ける前代未聞の密入国事件が発生。公安局刑事課一係を率いる常守はその捜査の中、密入国者たちがテロを計画していること、密入国の支持者の中に狡噛がいることを知る。

狡噛がいるのは、東南アジア連合の首都シャンバラフロート。長期の内戦状態から脱するため〈シビュラシステム〉を導入した街だ。〈シビュラシステム〉は、果たしてユートピアをもたらすのか。それともディストピアを作ってしまうのか。反政府ゲリラに身を置いていた狡噛の真意を探る中、〈シビュラシステム〉を巡る問題が劇場版ならではのスケールで展開していく。

一方、『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System(2018~2019)』は3部作構成の連作。

潜在犯の更生施設から逃げ出した心理カウンセラーを拘束、送り届けることになった新人監察官の霜月美佳と前シリーズで執行官となった宜野座伸元を中心とした『Case.1』(11月16日夜10:15 WOWOWシネマほか)。

沖縄の名護に作られた国防省の基地を舞台に、国防省ビルで起きたテロ事件の捜査が進められていく『Case.2』(11月16日夜11:30 WOWOWシネマほか)。

チベットに現れた狡噛の行動を追いながら、〈シビュラシステム〉の新たな影響が見えてくる『Case.3』(11月16日深夜0:45 WOWOWシネマほか)。

それぞれ単独でも楽しめるが、シリーズの続編として、また今秋、フジテレビ“ノイタミナ”で放送が始まった新シリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス3』へつながるエピソードとしても楽しめる。

推理ものとしてもサスペンス&アクションとしても十分に楽しめる『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ。まずはお気に入りのキャラクターを見つけ、各エピソードを彼や彼女たちの視点で楽しみ考えてみるのもオススメしたい。

■ 文=小林治

アニメ雑誌の編集を経てフリーに。アニメ作品の紹介&取材記事だけでなく、イベントやラジオ番組などにも参加。『宇宙戦艦ヤマト2199』(2012〜2013)や『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(2017〜)の宣伝スタッフとして、舞台挨拶やイベントなどの司会を担当した。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る