多くの日本人メジャーリーガーを支えたカリスマ通訳が、男性から女性に!

多くの日本人メジャーリーガーを支えたカリスマ通訳が、男性から女性に!

11月15日(金)放送の「爆報!THEフライデー」(毎週金曜夜7:00-8:00、TBS系)では、大物メジャーリーガーの通訳として華々しく活躍した石島浩太氏の現在に迫る。

同番組は、爆笑問題がMCを務め、有名人の知られざる一面を徹底紹介するバラエティー。

石島氏は父親が通信社の特派員だったこともあり、子供の頃からロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスなど海外での生活を経験。通訳として活躍する以前は、美術大学卒業後にアートディレクターとして活躍していたという。

しかし、1988年に福岡ダイエーホークス(現在の福岡ソフトバンクホークス)から通訳・渉外担当としてオファーを受け入団。

ホークスでは、若手選手のアメリカ・マイナーリーグへの派遣、現地でのマネジメントなどを手掛け、その後は埼玉西武ライオンズでも通訳・渉外を担当した。

そして1997年、ニューヨーク・ヤンキースの環太平洋事業部長に就任し、ヤンキースに入団した伊良部秀輝の通訳を務めた。

伊良部のほかにも野茂英雄や吉井理人ら多くのメジャーリーガーの通訳として活躍し、時には矢面に立ち彼らを支え、カリスマ的存在となっていった。

さらに、注目を浴びたのは、2003年に300人を超える報道陣の前で行われた、読売ジャイアンツからメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースへ移籍した松井秀喜の入団会見。

3年で約25億円という破格の契約の裏で通訳として活躍したのが、石島氏だった。

■ 石島氏の心を救ってくれたのは

そんなカリスマ通訳・石島氏が今、日本に帰国し、激変人生を送っていると知った番組スタッフが訪ねると、当時とは全く違う風貌で、女性としての人生を歩んでいる石島氏が現れる。

かつてはアメリカで年収が2000万円以上もあるカリスマ通訳として活躍をしていた石島氏は、アメリカ人の女性と結婚し、3人の子供にも恵まれたという。

そんな幸せを手に入れた石島氏は、なぜ女性になったのか。そして、女性に変わった彼は今、どんな暮らしをしているのか。

また、石島氏が輝かしい経歴、家族を手放してまで女性になった驚きの理由、そして女性になることを決断した石島氏のさまざまな苦難が明かされていく。

さらに、そんな石島氏の心を救ってくれたのは、元メジャーリーガーのある人物だったということも告白する。(ザテレビジョン)


関連記事

おすすめ情報

ザテレビジョンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る