小倉智昭が司会を務める朝の情報番組「とくダネ!」(毎週月〜金曜朝8:00‐9:50、フジテレビ系)に、フリーアナウンサーの長野智子がコメンテーターとして出演することが決定した。長野は今回がコメンテーター初挑戦となる。

長野は、1985年にフジテレビにアナウンサーとして入社。バラエティー番組などで一躍人気アナとなったが、フジテレビ退社、渡米を経て、2000年4月から「ザ・スクープ」(テレビ朝日系)のキャスターに就任。それからは、報道キャスターとして活躍してきた。

そのほか、「ハフポスト日本版」編集主幹、国連UNHCR協会報道ディレクター、専修大学文学部ジャーナリズム学科の特任教授を務めるなど、活動範囲はテレビにとどまらない広がりを見せている。長野は10月1日(木)に登場する。

今回の出演に対し、長野は「フジテレビの現場にいる若いみなさんが名前を挙げてくれて、是非にとお声かけいただいたと聞きました。それが本当にうれしかったです」とコメント。また、今回初めての共演となる小倉については「私がすごく尊敬するキャスターです。毎日生放送をやるって本当に大変だと思うんですけれども、ニュースや時事はもちろん、カルチャーや音楽などなんでもご存知で、その知識量にいつも驚かされます」と語った。

そして、「長くテレビでニュース番組をやってきて、“ベテランが出てきたな”と思われるかもしれませんが、実はお台場のフジテレビ本社に来るのも初めてですし、コメンテーターも初めてですし、何もかも初体験で、その“散らかりぶり”を是非ご覧ください(笑)。けっこうな緊張ぶりで番組に出ると思います」とメッセージを寄せた。(ザテレビジョン)