【特集/CLラウンド16プレビュー#6】“堅守+α”が求められるチェルシー 闘将コンテにバルサ封じの秘策はあるのか

【特集/CLラウンド16プレビュー#6】“堅守+α”が求められるチェルシー 闘将コンテにバルサ封じの秘策はあるのか

チェルシーは “普段通り”の戦い方がベスト 

バルセロナと対戦するチームにとって、最大の問題は言うまでもなくメッシだ。リーガ・エスパニョーラ第17節でバルセロナと対戦したレアル・マドリードは、コバチッチをマンツーマンでメッシにつける作戦で前半は同選手を完封している。今季開幕前のスーペルコパでもこのやり方で上手くいっていた。単純にメッシをマンマークするというより、押し込んでいるときにはコバチッチがバルサの攻撃の起点であるブスケッツをマークし、自陣ではブスケッツをベンゼマに受け渡してメッ シに密着する、縦にマークを受け渡す方式だった。  


ところが、後半にバルセロナがポジションを整備してレアルのマンマークを拡散させ、メッシもここぞというところで仕事をして3-0でバルセロナが勝利している。終わってみればやはりメッシにやられていた。メッシに90分間何もさせないのは困難で、プランとして成り立たないと考えて良い。カンテやバカヨコにコバチッチの仕事をさせる手もあるとはいえ、たとえ90分間抑えられたとしても180分間(2試合分)が無事に済むとは思えない。

1stレグをホームで戦うチェルシーとしては、何としてもここで勝利を収めたい。カンプ・ノウで勝つのは過去の例からしても至難の業だからだ。メッシ対策は重要だが、 基本的には普段通りにプレイするほうが得策だろう。もともとチェルシーの守備は堅い。引いたときは5バックなのでスペースは完全に埋まっているし、5バックの手前もカンテとバカヨコがいるのでボール奪取能力は非常に高い。2シャドー(アザールとセスクまたはウィリアン)も引いてくる。バルセロナにボールを支配されれば[5-4-1]の布陣で守ることになる。コンパクトに守れば、バルセロナといえども簡単には崩せないだろう。メッシもパスを受けられるスペースを探すのに苦労するはずだ。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索