【特集/CLラウンド16プレビュー#7】 すべての面でユナイテッド断然優勢  セビージャは僅かな可能性にかける

【特集/CLラウンド16プレビュー#7】 すべての面でユナイテッド断然優勢  セビージャは僅かな可能性にかける

監督交代後、不振に喘ぐセビージャ 不安定な守備は修正が急務 

昨シーズン13節のバレンシア戦から今シーズン16節のレバンテ戦まで、本拠ラモン・サンチェス・ピスファンでは21戦無敗。ホルヘ・サンパオリ→エドゥアルド・ベリッソという監督交代も大きなダメージには至らず、セビージャは順調に見えた。しかし、先に述べたレバンテ戦を含め、昨年12月の不振(公式戦で2分2敗)が気に障ったのか、上層部はなんの躊躇もなくベリッソを解雇し、新監督にヴィンチェンツォ・ モンテッラを招聘している。


前立腺ガンと懸命に戦うベリッソのもと、セビージャはひとつにまとまっていた。病魔にも屈しなかった指揮官の姿勢は尊敬に値し、2分2敗程度のデータで解雇されるいわれはない。当然、選手のなかには反感を抱く者もいるだろう。モンテッラが好きとか嫌いとかの問題ではなく、上層部の決定に対する怒りがパフォーマンスに悪影響を及ぼしかねない状況だ。2018年1月6日のアンダルシアダービーも、ホームで3-5の屈辱を味わった。ラモン・サンチェス・ピスファンでは1年2か月ぶりの敗戦となり、続くアラベス戦(アウェイ)も0-1の完封負け。新監督の船出は最悪と表現して差し支えない。 

また、チャンピオンズリーグのグループステージでも12失点。決勝ラウンドに進出した16チームのなかではワーストだ。スパルタ・モスクワとのアウェイで5失点、リヴァプール戦はホームで3失点を喫するなど、守備力に不安があることはデータが証明している。人をつかむ意識が強すぎるのか、ブラインドスペースがスカスカだったり、背後にいる相手選手を見落としたりするミスも非常に多い。ヘスス・ナバス、ノリートは相変わらず攻→守の切り替えが遅く、なぜマンチェスター・シティを戦力外となったのか、すっかり忘れてしまったようだ。

『天才』エベル・バネガのプレイは必見であり、高等技術と豊富なアイデアはフットボールの魅力満載だが、この男の才能だけで勝てるほど、チャンピオンズリーグは甘くない。  

関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索