日本を何度も苦しめた"ヘディングモンスター"が去る 豪州で始まる新時代

日本を何度も苦しめた"ヘディングモンスター"が去る 豪州で始まる新時代

新たなチーム作りへ

20日に行われたレバノン代表との親善試合で、これまで何度も日本代表を苦しめてきたオーストラリア代表FWティム・ケイヒルが正式に代表を引退した。オーストラリアはケイヒルを筆頭になかなか若返りできないところもあったが、ここからいよいよオーストラリアは新世代を軸にスタートしていくことになる。

英『FourFourTwo』が特集しているが、まずは25歳のFWマーティン・ボイルだ。スコットランド生まれながらオーストラリア代表を選択したボイルは、現在スコットランドのハイバーニアンでプレイしている。今回のレバノン戦が代表2試合目で、見事に2得点を記録。ケイヒルを3‐0の快勝で送り出すことに貢献した。

ボイルは、「チームはパーフェクトだったし、幸運にも僕も得点を決められた。選手たちが温かく迎え入れてくれたから、簡単にフィットできたよ」とコメントしている。

レバノン戦で代表初先発を飾った23歳FWアワー・メイビルも次代を担う選手だ。試合後には「チームにとってもケイヒルにとってもスペシャルなものだった。代表初先発は信じられない感覚だよ」と興奮気味に振り返っている。

また、「僕たちは新たな哲学を築いているところだ。コンビネーションプレイも徐々に良くなっている」と将来への期待感も口にしている。

長年日本のライバルだったケイヒルが代表を去るのは寂しいが、これからはメイビルや19歳のダニエル・アルザーニらが新ライバルとなっていくのだろう。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索