"悪夢の2018年"から復活へ! マンUの7番は呪いを振り払えるか

"悪夢の2018年"から復活へ! マンUの7番は呪いを振り払えるか

マンUで昨年は大苦戦

1月22日、FWアレクシス・サンチェスがアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドにやってきてからちょうど1年が経った。この1年を振り返るなら、悪夢という表現がぴったりくるのではないか。アーセナルを離れてタイトルを狙えるマンUに加わったはずが、サンチェスはこれまでのキャリアにないほど苦しむことになった。

今季も未だ1得点しか奪っておらず、英『Squawka』は良いパフォーマンスを見せた時を思い出すのが難しいと表現している。恐らくサポーターの多くが多い出すことに苦労するだろう。昨季なら1得点1アシストを決めたスウォンジー戦、1得点を決めたFA杯準決勝のトッテナム戦、今季なら執念の逆転劇へ繋がったニューカッスル戦が挙げられるはずだが、それでもサポーターがサンチェスを称賛した機会はあまり多くない。

問題は2019年にこの嫌な流れを止められるかどうかだ。指揮官はオーレ・グンナー・スールシャールに代わっており、ポール・ポグバやマーカス・ラッシュフォードなど攻撃的なチームメイトは急激に調子を上げている。サンチェスが悪かったというよりは、ジョゼ・モウリーニョのスタイルに合わなかったとポジティブに考えることもできる。

同メディアも、サンチェスが今季リーグ戦でチームトップとなる1試合平均3.03回のチャンスメイクを記録していることを未来への希望と取り上げており、復調する可能性は十分に考えられる。残念ながら怪我で出遅れてしまったが、スールシャールはチャンスを与えるだろう。7番の呪いを2019年こそ振り払えるのか注目だ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索