アリソンとエデルソンはどちらが上? 究極すぎるブラジル代表No.1争い

アリソンとエデルソンはどちらが上? 究極すぎるブラジル代表No.1争い

データで比較しても決めにくい

ブラジル代表を指揮するチッチには、贅沢すぎる悩みがある。代表の守護神をリヴァプールGKアリソン・ベッカーに任せるのか、マンチェスター・シティGKエデルソン・モラレスに任せるかを選べるのだ。これほどハイレベルなGKが代表チームで揃うのも珍しい。

気になるのは、どちらが優れているのかだ。GKの力量を正確に比較することは難しく、チームの最終ラインの実力にも左右されるところがある。しかもアリソンとエデルソンの場合はスタッツもよく似ている。

英『Squawka』によると、2人は今季リーグ戦38試合に出場し、アリソン擁するリヴァプールが22失点、エデルソンのマンCは23失点に抑えている。2人ともクリーンシートの数は20回を超えており、失点数の部分はほぼ互角だ。セービングの数ではエデルソンが58回なのに対し、アリソンは76回を記録している。単純に数字で判断するならば、チームの危機を救った機会はアリソンの方が多かったと考えられる。

一方で足下の技術では、アリソンが1076本のパス、エデルソンは920本のパスを記録している。2人は足下の技術にも自信を持つ現代的なGKだ。しかし、パス成功率ではエデルソンが82.6%と、アリソンの80.3%を超えている。しかもエデルソンは今季GKながらロングパス1本でアシストまで記録している。またエデルソンは失点に直結するミスも犯しており、ロングフィードの正確さなどではエデルソンが上回っていると見ていいだろう。

ワトフォードの守護神を務めるベン・フォスターは、「アリソンかエデルソンかを選ぶのは、コカ・コーラかペプシを選ぶようなもの」とコメントしており、もはや好みの問題というわけだ。

ブラジル代表ではアリソンがゴールマウスを守る機会が多いが、この豪華すぎる争いをチッチはどう見ているのか。今世界で最も豪華なGKを抱えているのはブラジルで間違いないはずだ。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索