C・ロナウドは"選手兼SD"!? ハメス、デ・リフトらスター勧誘する影響力

C・ロナウドは"選手兼SD"!? ハメス、デ・リフトらスター勧誘する影響力

その影響力に注目集まる

昨夏ユヴェントスに加入したクリスティアーノ・ロナウドは、1年目からセリエA制覇を実現した。チャンピオンズリーグは制覇できなかったが、まずまずのスタートだったと言えるはずだ。

すっかりユヴェントスはロナウド主体のチームとなったが、効果はピッチ内だけに留まらない。伊『Calciomercato』は、ロナウドがユヴェントスのディレクターのような存在になっていると注目している。

ディレクター、つまりロナウドが有望な選手をユヴェントスに勧誘しているということだ。現在セリエA行きが噂されているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスについても、ロナウドがユヴェントスに誘っていたと言われている。2人はレアル・マドリードでチームメイトだった時期があり、先日元バイエルンのローター・マテウス氏もロナウドがハメスを勧誘していると明かしていた。

昨季途中に話題となったのは、レアルDFマルセロだ。セルヒオ・レギロンの台頭で出番が減少していたマルセロには退団の噂が持ち上がり、ロナウドがコンタクトを取ったとも言われている。

最後はアヤックスDFマタイス・デ・リフトだ。今季大ブレイクしたデ・リフトは今夏の大人気者となっているが、今月9日行われたオランダ代表VSポルトガル代表のネーションズリーグ決勝戦後にロナウドがデ・リフトをユヴェントスに勧誘している。デ・リフトも驚いたと試合後に振り返っていたが、ロナウドは自身が理想とするチームを作るべく動いているのかもしれない。

もちろん勧誘された選手がユヴェントスに来ると決まったわけではない。ロナウドSDの働きが機能しているかは別だが、その影響力の大きさが少し話題を呼んでいるようだ。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索