4試合でシュート"80本"!?  女子W杯支配する攻撃軍団のデータが恐ろしい

4試合でシュート"80本"!?  女子W杯支配する攻撃軍団のデータが恐ろしい

グループステージから大爆発

南米では現在男たちのプライドを懸けたコパ・アメリカ2019が行われているが、フランスで行われている女子サッカーワールドカップも決勝トーナメントへ突入したことでボルテージが一層上がってきている。

もちろん日本のサッカーファンが注目するのは「なでしこジャパン」で、2011年大会女王として今大会も頂点が目標だ。しかし、なでしこジャパンの前には強烈すぎるライバルたちがいる。

そのチームの1つがアメリカ代表だ。米『Bleacher Report』は「アメリカ代表が女子ワールドカップを支配している」と伝えているが、そう思いたくなるのも無理はない。ここまで記録しているスタッツが異様だからだ。

ここまでアメリカ代表はグループステージ3試合と決勝トーナメント1回戦・スペイン戦の4試合で計20得点を記録。4試合でのシュート数は異常とも言える82本、被シュート本数は合計14本で、そのうち5本しか枠内シュートはない。決勝トーナメント1回戦こそスペイン代表相手に2-1と苦戦したが、スペインも枠内シュートは得点を奪った1本のみ。アメリカが攻守両面で相手を圧倒しているのだ。

もっともアメリカの場合は、初戦でタイ代表を13-0のスコアで撃破しており、それがスタッツに影響を及ぼしているのは間違いない。初戦のタイ戦でアメリカは計40本ものシュートを放っている。

スペイン戦では今大会初失点を喫したが、安定感は抜群だ。次なる相手はこちらもグループステージ3連勝を飾っている開催国フランス代表で、超ハイレベルな戦いが期待できそうだ。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索