ジダンの構想外とされる“西代表MF”がアーセナルへ 近日中にも正式発表か

ジダンの構想外とされる“西代表MF”がアーセナルへ 近日中にも正式発表か

1年間のレンタル移籍

レアル・マドリードに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョスは、アーセナルの一員として新シーズンを迎えることとなりそうだ。

現在22歳のセバージョスはレアル・ベティスの下部組織出身で、2014年に17歳ながらトップチームへ昇格し、同年4月にリーガ・エスパニョーラデビューを果たした。2014-15シーズンには定位置を確保し、リーグ戦33試合5ゴール5アシストを記録。2部降格という屈辱を味わったチームを優勝へ導き、1年で1部へ復帰させている。

1部昇格後もチームの主力として活躍すると、この若き逸材に目をつけたレアルが2017年夏に獲得。セバージョスはプロデビューからわずか3年で、欧州屈指の名門クラブへのステップアップを果たすこととなった。チャンピオンズリーグ連覇中の“白い巨人”ということもあり、新天地ではなかなか思うような出場機会を得られず、加入初年度は公式戦22試合の出場(2ゴール)にとどまている。しかし、2年目となる昨季は途中交代や途中出場などが多いものの、序盤戦からチームの主力としてプレイし、公式戦34試合に出場(3ゴール2アシスト)した。ただ、今年3月にジネディーヌ・ジダン監督が指揮官に復帰して以降は出場機会が激減し、11試合で出場したのは3試合のみ。加えて選手本人が出場機会を多く求めていることから、今夏の去就に注目が集まっていた。

そんなセバージョスに対して、今夏の移籍市場でアーセナルとトッテナムが興味を示していたが、アーロン・ラムジーの後釜を探す前者が争奪戦を制した模様。英『BBC』など複数のメディアによると、1年間のレンタル移籍でアーセナルとレアルがクラブ間合意に至ったとのこと。近日中にも正式発表される見込みとのことだ。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索