“サッリ・スタイル”に手応え? ユーヴェFW「アッレグリとは別物だが……」

“サッリ・スタイル”に手応え? ユーヴェFW「アッレグリとは別物だが……」

開幕までにどこまで仕上げられるか

ユヴェントスは現地時間10日、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)でアトレティコ・マドリードと対戦した。

24分に先制点を許すも、29分にサミ・ケディラのゴールで同点に追いついたユヴェントス。しかし、直後の33分に再びゴールネットを揺らされ、1点ビハインドで前半を折り返す。同点ゴールを目指して後半に猛攻を仕掛け、ユヴェントスは90分間でアトレティコ(11本)の倍以上となるシュート数(27本)、6割近いポゼッション率を記録。ただポストに嫌われたり、相手の粘り強い守備に阻まれたりと、最後までゴールを奪うことができず、1-2で敗戦を喫した。

ICCのラストマッチで惜しくもアトレティコに敗れたユヴェントスだが、テンポの速いパスワークなど、今季からチームを率いるマウリツィオ・サッリ監督のサッカーが垣間見れた試合でもあったのではないだろうか。59分からピッチに立ったコロンビア代表FWフアン・クラドラードも試合後、伊『sportitalia』インタビューで「すべての監督は、異なるサッカーのスタイルを持っている。中でも、サッリ(のサッカー)はアッレグリ(のサッカー)と全く別物だね。ボールをより多く保持し、全員が動く。それらをより素早くプレイする必要があるんだ」と明かした上で「僕は、今日の試合で僕らが披露したプレイに満足しているんだ。インテンシティの高さがあり、僕らは日々良くなっているよ」と述べている。

セリエAの開幕まであと2週間となったが、ユヴェントスはサッリ・スタイルをどこまで仕上げることができるのか。開幕戦ではパルマ(8月24日)と、第2節ではサッリ監督の古巣であるナポリ(8月31日)との対戦を控えている。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索