メッシ、ロナウド、イニエスタ “CL10年間”のベスト11がバルサ&レアルだらけ

メッシ、ロナウド、イニエスタ “CL10年間”のベスト11がバルサ&レアルだらけ

2010年からの10年はリーガが支配した

いよいよ2019-20シーズンのチャンピオンズリーグがスタートするが、2010年からの10年間はスペイン勢が欧州の舞台で圧倒的な強さを示してきた。2010-11シーズンのチャンピオンズリーグをバルセロナが制してから、実にスペイン勢が6度も頂点に立っているのだ。

英『Squawka』は今季のチャンピオンズリーグがスタートする前に2010年からのチャンピオンズリーグ・ベストイレブンを作成しているのだが、さすがにスペイン勢の選手が目立つ。

GK
マヌエル・ノイアー

DF
ダニエウ・アウベス
ジェラール・ピケ
セルヒオ・ラモス
マルセロ

MF
セルヒオ・ブスケッツ
シャビ・エルナンデス
アンドレス・イニエスタ

FW
ガレス・ベイル
クリスティアーノ・ロナウド
リオネル・メッシ

GKのノイアーを除けば、フィールドプレイヤー10人はバルセロナとレアルの選手で構成されている。アウベスはバルセロナ以外のクラブでもチャンピオンズリーグを戦っているが、それでも大成功を収めたのはバルセロナ時代と言っていいだろう。

ノイアーはこの10年のチャンピオンズリーグで最多となる261回のセービングを記録しているようで、実力的にも選出は妥当だ。この10年は世界最高のGKの1人との称号を守り続けてきた。

他にもピケはこの10年でDF最多となる410回のクリア数を記録。アンカーのブスケッツは最多タックル数(268回)、最多インターセプト数(196回)を記録するなど、数字の面でも彼らのパフォーマンスはずば抜けている。

ロナウド、メッシはもちろん、決勝で重要なゴールを決めてきたベイルもチャンピオンズリーグに愛されてきた男だ。トッテナム時代にはインテルを異常なスピードで切り裂いた伝説のゲームもあり、この10年間チャンピオンズリーグを大いに盛り上げてきた。

昨季はリヴァプールVSトッテナムというイングランド勢同士のファイナルが実現したが、これからの10年間欧州サッカー界をリードするのはどのクラブとなるのか。徐々に勢力図も変わってくるはずで、新たな時代が始まろうとしている。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索