三竿が負傷離脱のアントラーズ 欠場時の戦績が“不吉”

三竿が負傷離脱のアントラーズ 欠場時の戦績が“不吉”

J1リーグ逆転優勝にむけ暗雲

鹿島アントラーズは19日、同クラブMF三竿健斗が負傷離脱することを発表した。


同選手は14日に行われた明治安田生命J1リーグ第26節(FC東京戦)で左足を負傷。左ハムストリングの筋損傷により、治療に約6週間を要することが同クラブの公式ホームページで公表された。

2017年以降のJ1リーグで三竿が出場しなかったケースが17回あるが、このうち10試合でアントラーズは勝利を逃しており、7つの黒星を喫している(7勝3分け7敗)。また、同選手が先発した2017年以降のJ1リーグ63試合で36勝12分け15敗(勝率:57.1%)という戦績であるのに対し、欠場時の勝率が41.1%と、アントラーズの勝率にやや開きがあるのも気がかりな点だ。FC東京との首位攻防戦を制し、今季のJ1リーグ逆転優勝を射程圏内に捉えた同クラブだが、リーグ屈指のボールハンター不在という難局を乗り越えることができるだろうか。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索