ペップの下で“第2のマスチェラーノ”誕生!? センターバック緊急プランに希望

ペップの下で“第2のマスチェラーノ”誕生!? センターバック緊急プランに希望

ラポルテら負傷者続出で緊急案

アイメリック・ラポルテに続いてジョン・ストーンズまで負傷で失ってしまったマンチェスター・シティは、チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のシャフタール・ドネツク戦でフェルナンジーニョをセンターバック起用する緊急プランを実行に移した。

フェルナンジーニョは守備的MFを本職とする選手で、まさに緊急プランと言っていい。ただ、緊急プランが意外に機能するなんてこともサッカー界ではよくあることだ。シャフタール戦は危なげなく3-0で勝利することになり、英『Football Fancast』はフェルナンジーニョが第2のハビエル・マスチェラーノになれる可能性があると主張する。

マスチェラーノも中盤で相手をハードに潰す選手だったが、ジョゼップ・グアルディオラはバルセロナでセンターバックを任せた。センターバックとしては小柄な選手だったが、ジェラール・ピケの相棒として長く活躍することになり、高さのピケとスピードのマスチェラーノは非常に完成度が高いコンビとなった。

フェルナンジーニョも176cmとセンターバックを任せるには高さに不安がある。しかしシャフタール戦では3回の空中戦勝利を記録し、持ち前の読みの鋭さを活かして2度のインターセプトも記録。1試合だけで合格と判断するのは早すぎるが、同メディアはこれらのスタッツからフェルナンジーニョのコンバートが今後も機能するかもしれないと期待をかけている。

もちろんラポルテやストーンズが復帰し、センターバックを本職とする選手たちで戦う方が無難だろう。しかしフェルナンジーニョもシャフタール戦では80本のパスを出して成功率90%を記録するなど中盤の選手らしいデータも残しており、こちらのプランも貴重なオプションとなるかもしれない。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索