いよいよ今季最初の“スペイン首都決戦” アザールが再会心待ちにする選手は

いよいよ今季最初の“スペイン首都決戦” アザールが再会心待ちにする選手は

チェルシー時代の同僚を挙げる

今季もスペインの首都決戦がやってくる。現地時間28日に行われる2019-20シーズン最初のマドリードダービー。首位レアル・マドリードとそれを勝ち点1差で追う3位アトレティコ・マドリードが激突する首位攻防戦とあって、やはり注目度は高い。

今回はアトレティコのホームであるワンダ・メトロポリターノで迎えるこの一戦。プレシーズン中の7月26日に開催されたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)ではアトレティコが7-3の大勝を収めている。激しい点の奪い合いとなっただけに、今回も大味な試合展開となることが予想される。キーマンは両クラブのストライカーたちか。

そんな中、レアルのFWエデン・アザールが前日会見の場で対戦するのが楽しみなアトレティコの選手を挙げている。同選手が注目しているのはかつてチェルシーで共闘した“野獣ストライカー”のようだ。

「(ジエゴ・)コスタと対戦するのを楽しみにしているよ。僕らはかつて共にプレイしたし、彼は友人でもあるからね」

アザールがこのように語ったことをレアルのクラブ公式サイトが伝えている。チェルシー在籍時には、D・コスタのことを「チェルシーで最高の選手の1人だった」と語ったこともあるアザール 。対戦相手になったとはいえ、彼は旧友との再会を心待ちにしている。続けて、アザールはこのダービーマッチで勝敗のカギを握る要素を挙げ、いかにこの大一番が重要な一戦であるかを語った。

「メンタリティだね。これはダービーにおいて欠かせないもので、より意欲に溢れている方が勝利するはず。サッカーをしていれば、ダービーがどういったものなのかがわかる。そこで何をしなければいけないのかもね。勝たなければいけない。今更チームメイトにそれを説明する必要もないよ。ダービーにおける僕の願いはゴールを決めて勝つこと。ファンを幸せにすることだ」

レアルにとっては、首位固めへ負けられない一戦。はたして、勝利の女神が微笑むのはどちらのチームか。キックオフの瞬間が待ちきれない。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る