今季30得点を決めてリーグトップのメッシ

バルセロナはリーガ・エスパニョーラ第37節でセルタと対戦。幸先よく先制するものの、2ゴールを奪われて逆転負けを喫して優勝の可能性が消滅した。

この試合で1ゴールを奪ったバルセロナのリオネル・メッシは、今季30ゴール目を獲得。リーグトップの成績を誇り、2位と7ゴール差をつけて首位を走るメッシは、8度目となるリーガ得点王をほぼ手中に収めている。今季メッシが得点王を獲得することとなれば、さらに偉大なる記録を更新することとなる。

メッシは昨シーズンまですでに7度のリーガ得点王を受賞。これはテルモ・サラが獲得した6度の得点王記録を更新しており、今季もトップになることとなれば、最多得点王獲得記録を「8」に伸ばすこととなる。

さらにメッシは、昨年までに2016-17シーズンから4季連続で得点王に輝いている。これもディ・ステファノが1955-56シーズンから4年連続で成し遂げた記録と並んでいる。今季も得点王となればその記録すらも抜き去ることとなる。

5年連続8回目のトップスコアラーとなれば、リーガにある2つの得点王記録を更新するメッシ。残り1試合で2位のジェラール・モレノと7点差のため得点王はほぼ決まったものと言っていい。スペインサッカーの歴史を大きく塗り替えるメッシが、新たな記録を更新する。