2得点を決めたレヴァンドフスキ

バイエルンはレヴァークーゼンと対戦して5-1と勝利した。この試合で2ゴールを決めたロベルト・レヴァンドフスキはリーグトップとなる9得点目をマークし、高い得点能力を見せつけた。

特に目を見張るのが2点目のシーンだ。バイエルンが素早いパス回しで相手のプレスを掻い潜り、ゴール前でチャンスを作る。

シュートまで持ち運べない状況で、アルフォンソ・デイビスのドリブルから足元にボールが来たレヴァンドフスキは、迷わずシュートを放ってゴールネットを揺らす。

崩されたレヴァークーゼンだったが、フィニッシュまでは耐え凌いでいたこのシーン。しかしボールはもっともゴールを決めることができる男の前へと溢れてしまった。レヴァンドフスキも素晴らしいポジションでシュートを放つことができた。

得点能力の高いストライカーは、ボールがくる位置へ的確なポジショニングの技術を持っている。ブンデスリーガで何年も得点を奪い続けるリーグを代表するストライカーが、その巧みさを見せつけたゴールだった。