ブレントフォードに無失点で勝利

チェルシーはプレミアリーグ第8節でブレントフォードを対戦。攻め込まれる厳しい展開だったが、1点を守り切って1-0で勝利した。チェルシーを勝利に導いたのは、エドゥアール・メンディの好セーブだった。

1点を先制したチェルシーだったが、試合終盤にブレントフォードの猛攻を受ける。72分にはロングスローからジョエル・フェルトマンにシュートを打たれるも、メンディの好守で防ぐ。さらに後半ロスタイムにもフェルトマンにオーバーヘッドでシュートを打たれるものの、またもメンディのセーブでゴールを許さない。

このまま無失点で勝利して勝ち点3を獲得し、プレミアリーグの首位をキープした。この試合でメンディは、セーブ数「6」を記録。決定機となったシーンは多く、守護神はチームを救うプレイを何度も披露した。

今季はプレミア2年目となるメンディ。昨季センセーショナルなプレミアデビューとなった守護神は、世界最高峰のリーグで経験を積み、欧州でもトップクラスのGKへと成長を続けている。今季メンディが大きな活躍を見せられれば、チェルシーがプレミアの頂点に立つことが可能だろう。