1点を守り抜く

グループE・第1戦

ベルギー 0-1 スロバキア

14日に開幕してすでに多くの熱い試合を繰り広げているEURO2024。攻撃陣は今大会屈指の選手層を誇るベルギー代表は初戦でスロバキアと対戦した。

開始2分、最初の決定機を作ったのはベルギーだ。右サイドでドクがドリブル突破を図ると、最後はルカク。しかし、これはGKに阻まれ先制点とはならず。5分には再びドクのスルーパスからチャンスが生まれるも、スロバキアもなんとか守り切る。

すると6分。ベルギーのビルドアップのミスをついたスロバキア。一度はカステールスに防がれるも、こぼれ球をシュランツが押し込み、スロバキアが先制に成功する。先制を許したベルギーは前から積極的にプレスをかけるスロバキアの守備に苦戦し、なかなか前線までパスを繋げない。しかし20分、今度はスロバキアのミスをトロサールがカットし、シュートを放つが、これは枠外に。

ボール保持の時間は増えるも、なかなか前に進めないベルギー。一方のスロバキアは素早い出足でベルギーに自由を与えず、CFのボジェニークのポストプレイからゴールに迫る。勢いに乗るスロバキアは39分に右サイドからのクロスをハラスリンがダイレクトボレーで合わせるが、これはベルギーの守護神カステールスがビッグセーブを見せた。

同点に追いつきたいベルギーは41分にカラスコのロングボールでルカクが裏に抜け出しGKと一対一を迎えるも、決めきれず。前半はこのまま終了し、スロバキアが1点リードで折り返す。

点が欲しいベルギーは後半からドクを左に置き、トロサールを右に配置。両ウイングのポジションを入れ替える。55分、トロサールのパスを受けたルカクがシュートを放つもこれは惜しくも阻まれる。これで得たCKから最後はルカクが押し込みベルギーが同点に追いつく。しかしこれはVARの結果、オフサイドとなり、ゴールは取り消しに。それでも少しずつベルギーに得点の匂いがしてきた。

そんななか、ベルギーはマンガラに代えてドリブラーのバカヨコを投入。トロサールは中央へポジションを移す。攻勢を強めるベルギーはトロサールとルカク、そしてバカヨコに立て続けにチャンスが訪れるもゴールが遠い。一方のスロバキアは耐える時間が続く。

ベルギーは猛攻を仕掛けるも、体を張ったスロバキアの守備を前に攻めあぐねる時間が続く。ゴール前まで迫るシーンは増えるも、最後の場面でうまくいかないベルギー。スロバキアはうまく回しながら時計の針を進める。

なんとしても点を取る必要があるベルギーはルケバキオとオペンダを投入し、前への圧力を高める。すると、85分裏に抜け出したオペンダの折り返しをルカクが決めて、欲しかった同点ゴールがついに生まれる。しかし、これはVARの結果オペンダのハンドを取られ、再びゴールは取り消しに。ベルギーにとっては不運が続く。

最後までベルギーの猛攻を凌いだスロバキアが開始早々の先制ゴールを守り抜き、大きな勝利を勝ち取った。

[スコア]
ベルギー 0-1 スロバキア

[得点者]
ベルギー

スロバキア
7分 イヴァン・シュランツ

[ラインナップ]

ベルギー

監督:ドメニコ・テデスコ

GK
クーン・カステールス(ヴォルフスブルク)

DF
ティモシー・カスターニュ(フラム)
バウト・ファエス(レスター・シティ)
ゼノ・デバスト(アンデルレヒト)
ヤニック・カラスコ(アルシャバブ)

MF
オレル・マンガラ(リヨン)
アマドゥ・オナナ(エヴァートン)
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)
レアンドロ・トロサール(アーセナル)
ジェレミー・ドク(マンチェスター・シティ)

FW
ロメル・ルカク(ローマ)

交代出場・退場
57分 オレル・マンガラ→ヨハン・バカヨコ(PSV)
74分 レアンドロ・トロサール→ユーリ・ティーレマンス(アストン・ヴィラ)
83分 ジェレミー・ドク→ロイス・オペンダ(ライプツィヒ)
83分 ヤニック・カラスコ→ドディ・ルケバキオ(セビージャ)

スロバキア

監督:フランチェスコ・カルツォーナ

GK
マルティン・ドゥーブラフカ(ニューカッスル)

DF
ペテル・ペカリーク(ヘルタ・ベルリン)
デニス・ヴァヴロ(コペンハーゲン)
ミラン・シュクリニアル(パリ・サンジェルマン)
ダヴィド・ハンツコ(フェイエノールト)

MF
スタニスラフ・ロボツカ(ナポリ)
ユライ・クツカ(ŠKスロヴァン・ブラチスラヴァ)
オンドレイ・ドゥダ(ヴェローナ)

FW
イヴァン・シュランツ(ŠKスロヴァン・ブラチスラヴァ)
ロベルト・ボジェニーク(ボアヴィスタ)
ルカーシュ・ハラスリン(スパルタ・プラハ)

交代出場・退場
69分 ルカーシュ・ハラスリン→トマーシュ・スソロヴ(ヴェローナ)
69分 ロベルト・ボジェニーク→ダビッド・ストレレツ(ŠKスロヴァン・ブラチスラヴァ)
80分 イヴァン・シュランツ→ダーヴィド・ジュリシュ(アスコリ・カルチョ1898 FC)
90+分 オンドレイ・ドゥダ→アダム・オベルト(カリアリ)