1.“コスパ”最強! 1000円で味わう、こだわり寿司 / しらなみ鮨(佐伯市上浦)

「並寿司」1000円。目利きした魚と、研究を重ねたシャリのコンビネーションが絶妙

座敷の壁には、お客さんが描いたという印象的なイラストが

佐伯市上浦に店を構えて54年目、昔ながらのお寿司屋さんとして愛される『しらなみ鮨』。人気はなんと言っても「並寿司」。ネタを切り置きせず、注文ごとに魚をさばき・握るというこだわりで、まさに“職人技”が詰まったメニュー。味だけでなく、1000円というお得さも人気の理由で、市場での目利き・仕入れ・握りと全てひとりでこなし、このお値打ち価格が継続できているとのこと。優しい大将の人柄もあり、何度も来訪したくなるお店です。

しらなみ鮨
住所:佐伯市上浦津井浦479-1
電話:0972-32-3126
営業時間:11:30〜18:00(変動の場合あり)
休み:月・火曜
駐車場:6台
地図はこちら

2.豪華なランチで、くつろぎのひと時を / 隼寿司(由布市庄内町)

「上にぎりセット」2200円。見た目も美しい握りが楽しめます

お店は大分市敷戸で開業、その後庄内町へと移転

国道210号沿いに店を構える、庄内町で唯一の寿司店。2代目店主の「安くておいしいお寿司で、おなかいっぱいになってほしい」との思いから、求めやすい価格での提供を続けています。「にぎりセット」1100円もオススメですが、豪華に楽しみたい時は国産のウニやイクラの入った「上にぎりセット」がピッタリ! 12貫の握りに小鉢や茶わん蒸し、アラの汁にデザートまで付くという充実ぶり。アットホームな雰囲気の中、ゆったりと楽しんでみては。

隼寿司(はやしずし)
住所:由布市庄内町大龍2621-4
電話:097-582-3515
営業時間:11:30〜14:00/17:00〜21:00(夜はネタがなくなり次第終了)
休み:月・火曜
駐車場:25台
地図はこちら

3.売り切れごめん! 寿司バイキングを楽しむ / 鮮度壱番(佐伯市葛港)

本マグロは赤身200円、大トロ500円。ウニ200円、生サーモン200円など種類豊富(全て1貫あたりの金額)

『さいき海の市場○』内の飲食スペースが『鮮度壱番』

『鮮度壱番』で提供しているのは、佐伯港で揚がった新鮮な魚が寿司で楽しめる「寿司バイキング」。9時30分の開店とともに、ショーケースには見た目も鮮やかな、活カンパチ・カワハギ・ノドグロ・ヒラメなどの寿司が30種類近く並びます。中でもオススメは、佐伯で育てられた本マグロ。大トロでも1貫500円と、ほかでは考えられない値段で新鮮な味を楽しめます。なお、ネタがなくなり次第終了なので、早めの来店がオススメです!

鮮度壱番
住所:佐伯市葛港3-21
電話:0120-413-780
営業時間:9:30〜18:00(寿司バイキングは9:30〜12:30頃まで※ネタがなくなり次第終了)
休み:1/1
駐車場:150台
HP:https://uminoichiba.jp/sendo-ichiban/
地図はこちら

今回紹介したお店以外にも、新店をまとめた「新店寿司の心意気」。ディナーで訪れたい「夜を彩るお寿司」。ネタごとに紹介する「見事な融合を食す」、「熟成する寿司」、「バッテラの魅力」、「穴子ですよ!」、「ちらし寿司は宝石箱」、「巻き寿司が好き」。自宅で味わいたい「テイクアウトなお寿司」といったコーナー別で、県内のオススメお寿司店を大特集! 大分の大人に向けた情報がいっぱいです!

6/1〜大分県内の書店・コンビニで販売

【雑誌DATA】
月刊「セーノ!」(毎月1日発売)
“ちょっといいもの”を愉しみたい、そんな大人のための月刊情報誌。大分県のうまいものやおでかけ情報が満載。1冊693円(本体価格630円)です。販売場所:大分県内の書店、コンビニ(一部を除く)
通販サイト:Fujisanマガジンサービス https://www.fujisan.co.jp/product/1281691733/

<キーワード>

佐伯市/由布市/寿司/ランチ/おでかけ/ドライブ