愛知県岡崎市に、精肉店や青果店など元々7つの個人店舗が入っていたスーパーがあります。店が次々に撤退し、2021年12月には鮮魚店1店舗だけになってしまいましたが、質が良いと評判で遠方からも客が訪れ、76歳の店主が孤軍奮闘を続けています。

■精肉店や青果店が次々に撤退…スーパーで唯一の店となった鮮魚店

 愛知県岡崎市にある「みどりスーパー」は、個人のお店が7店舗入るスーパーでした。

2021年12月に精肉店や青果店が閉店。現在このスーパー内で営業するのは、鮮魚店「魚正」だけに。

しかし、スーパー唯一のこの店には、常連さんが次々と訪れます。「魚正」は質の良さに定評がある、岡崎の魚好きには知られた名店です。

女性客: 「新しくて美味しい」 男性客: 「岡崎じゃ一番いい物を置いている」

経営するのは、この道40年の仲川正臣さん(76)です。

■「魚を見る目が厳しい」…市場関係者もうなる店主の目利き

 午前6時。愛知県岡崎市にある「岡崎魚市場」には、三河湾の漁港や名古屋の中央卸売市場から毎朝、魚が運ばれてきます。仲川さんは、この市場で仕入れをしています。

仲川さん: 「前もって電話、こういう物がいるって。あればもってくる、名古屋市場に全部集まるもんで」

三河湾で揚がらないものは、名古屋の市場から持って来てもらい確保。この日仕入れた金目鯛は、静岡で揚がったもの。さらに三河一色産のウナギも仕入れます。 市場の関係者: 「プロ相手にやっているけど、仲川さんその上を行くもんで。魚を見る目が厳しい」

この道40年以上。長年の目利きで、この日は20種類ほどを仕入れました。

■もともとは百貨店の鮮魚店の店長…ついていた顧客と従業員のために現在の場所に出店

 午前7時半。早速、仕入れた魚をさばいて開店の準備です。

この日の刺身は、「生マグロ刺身」(756円)に、三河湾で揚がった「天然鯛刺身」(1080円)…。

「平貝刺身」(648円)、今が旬の「ホタルイカ」(648円)と種類豊富。価格は少々高めですが、それには理由がありました。

仲川さん: 「もともとは松坂屋に。松坂屋がやめたので僕もやめようと思ったけど…。お客さんがついてくれていたので、『困るでどっかでやってよ』って声が多かった」

仲川さんは、もともと松坂屋岡崎店にあった鮮魚店の店長を務めていて、2010年の松坂屋の閉館をきっかけに今の場所に移ってきました。 仲川さん: 「どっか無いかと思ったら、この店の魚屋がちょうど抜けて、やり手がおらんかった」

従業員の雇用を守りたい思いもあり、2010年3月にこのスーパーに出店。『ちゃんとしたものを出したい』という思いは、百貨店時代からのこだわりで、アワビや金目鯛などの高級食材も並べています。

そして、野菜も並べています。 仲川さん: 「野菜はお客さんのためにやっている。いくら儲かるじゃなしに」

お客さんの要望にはなるべく応える。これも百貨店時代に学んだことです。

■日持ちさせるために真空パックや冷凍などの加工も…客の細かい要望に丁寧に応える

 午前10時に開店。近所の常連客が次々と訪れます。 女性客: 「ここのお魚、お高いけど美味しい」 男性客: 「美味しいものが確実にあって、人情もある」

お値打ちというわけではありませんが、岡崎市外からも客がやってきます。 愛知県蒲郡市からやって来た女性: 「地元ももちろん行きます。だけど、お刺身は特にここ」  この女性は、中トロに天然の鯛、平貝、赤貝、ボタンエビなどが入った8人前の刺し盛を注文。アナゴの白焼きは、冷凍にしてもらいました。そして購入金額は、驚きの2万4516円…。

同・女性客: 「ウチは3家族分。私が忙しいのでストックして。アナゴなんか白焼きにして」 買いだめする客が多いため、店では日持ちさせるために真空パックや冷凍などの加工もしています。細かい要望に積極的に応え、一人一人のお客さんを大切にするのが、仲川さんのポリシーです。

仲川さん: 「いいお客さんはいいこと知っている。お客さんから教えてもらって、育ててもらったおかげでいい物が置けるようになった」 中でも特に大切にしているのが、子供連れの客です。 子供を連れた女性客: 「この子お魚が大好きで、離乳食の時から…。最初のお魚、おじさんのところの。ずっとそれから魚好き」 仲川さん: 「子供が喜んでくれれば親もついてくる。子供が嫌って来ないと、親もついてこない」

魚好きの子供を増やしたいと、子供たちに魚のことを教えています。

■午後3時には刺身が半額に…お値打ちかつ美味しいと評判のタイムサービス

「魚正」は、午後3時になると早くも半額シールを貼ってタイムサービスを開始します。翌日までが賞味期限のお刺身は半額に。まだ余裕があるものも割引して販売しています。 女性客: 「お値打ちになっていても、臭いと嫌じゃないですか。けど、ここは常に美味しいので」

別の女性客: 「会社の帰りに来ると、いつも半額になっていて助かる」 お値打ちかつ美味しいとタイムサービスに合わせて来る客も多いといいます。  午後4時。やって来た女性のお目当ては、鰻の蒲焼。

女性客: 「夕方に焼いてくださるので晩御飯に。『濃い味好きじゃない』と言うと、あっさり目に焼いてくれたり…」 鰻は予約すれば、通常の200円引きに。味つけも好みに合わせて焼き上げてくれます。

 現在76歳の仲川さんは、いつまでお店を続けたいのでしょうか。 仲川さん: 「81歳まで。お客さんが喜んでくれるのが何より僕の儲け。お客さんがいる限りは頑張ろうと思っています」

たった1店舗になっても…。お客さんがいる限り、仲川さんは孤軍奮闘を続けます。