名古屋市中村区の「名古屋プリンスホテル スカイタワー」で、北海道の道南地域の食材をふんだんに取り入れたブッフェを楽しむことができる「海と大地の贈り物〜みなみ北海道フェア〜」が開かれています。 「名古屋プリンスホテル スカイタワー」では、道南18市町のうち、函館、七飯、鹿部、厚沢部の4エリアの食材をふんだんに取り入れたメニューを中心に、32品を楽しむことができるブッフェが開催されています。 七飯町にある「函館大沼プリンスホテル」の料理長がメニューを監修。「西洋リンゴ」の発祥の地とされるその七飯町からは、七飯産のリンゴとハチミツを使ったピザ。

海の恵みが豊かな噴火湾(内浦湾)の湾口にある鹿部町からは、「噴火湾産たらこの天ぷら」や…。

その噴火湾産のたらこを使った「松前漬けのペペロンチーノスパゲッティ」に…。

クリームオムレツも。

厚沢部のメークイーンは、他の北海道のじゃがいもと食べ比べできます。塩辛と一緒に食べるのがオススメです。

そして函館からは「塩ラーメン」。

シェフが目の前で提供してくれます。

デザートには函館の牛乳や北海道産のメロンを使ったアイスクリームも。

「海と大地の贈り物〜みなみ北海道フェア〜」は12月8日(木)までです。 【時間】 午後5:30~午後9:30 (ラストオーダーは午後9:00で90分制) 【料金】 おとな: ¥6,100 (平日はウェルカムドリンク1杯付き) 【場所】 名古屋プリンスホテル スカイタワー レストンラン「Sky Dining 天空」 【道南地区とは】 北海道の道南地区と呼ばれるのは、函館市、北斗市、七飯町(ななえちょう)、森町(もりまち)、知内町(しりうちちょう)、鹿部町(しかべちょう)、木古内町(きこないちょう)、福島町、松前町、上ノ国町(かみのくにちょう)、江差町(えさしちょう)、厚沢部町(あっさぶちょう)、せたな町、今金町(いまかねちょう)、奥尻町(おくしりちょう)、乙部町(おとべちょう)、長万部町(おしゃまんべちょう)、八雲町(やくもちょう)の18市町。