台風4号は6日にかけてゆっくりと東海3県に近づく見込みで、大雨による土砂災害などに警戒が必要です。

 台風4号は九州に上陸したあと東に向かう見込みで、温帯低気圧に変わり6日未明から昼過ぎに東海3県に最も近づく予想です。

 暖かく湿った空気が流れ込んで大気が不安定となり、6日にかけて非常に激しい雨となるところもある見込みで、5日予想される1時間の雨量は愛知・岐阜・三重いずれも多いところで50ミリとなっています。

 また、6日午前6時までに予想される24時間の雨量は三重で200ミリ、愛知で180ミリなどとなっています。

 気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒するとともに、強風や高波、落雷などに注意を呼び掛けています。