愛知県半田市の中学校で12月4日、授業中に2年生の男子生徒が首をナイフで切りつけられた事件で、逮捕された女子生徒は「殺意を持って切りつけた」と供述しています。事件当時の状況が明らかになってきました。  4日、半田市内の中学校で、中学2年の女子生徒(14)が同級生の男子(13)をナイフで切りつけた事件。男子生徒は首の後ろあたりを切り、軽傷を負いました。

 殺人未遂の現行犯で逮捕され、容疑を認めているという女子生徒。その後の捜査関係者への取材で、当時の状況が明らかになりました。  事件が起きたのは、国語の授業が始まって20分ほど経ったころ。女子生徒は隣の席に座っていた男子生徒に対して、ナイフをちらつかせたといいます。

<男子生徒> 「やれるものならやってみろ」  男子生徒がそう言うと、女子生徒は男子生徒の胸ぐらをつかんで、首の左後ろのあたりを切りつけ、その後、教師に取り押さえられました。

 女子生徒は事件当日、3本のナイフを学校に持ち込んでいたといいます。  犯行に使われたのは、長さ6cmほどの折り畳み式の多機能ナイフでしたが、その後の警察への取材で、女子生徒はほかに2本の折り畳み式ナイフと、畳針のような鋭利な針を1本持っていたということです。

 複数のナイフがなぜ教室に持ち込まれてしまったのでしょうか。 Q.持ち物検査は定期的に行っていますか? 半田市教育委員会の教育部長: 「あまり持ち物検査というのはやっていないと認識しております」 Q.あまりとは? 半田市教育委員会の教育部長: 「正確なところは把握できておりませんので、ちょっと曖昧な表現をさせていただきました」  教育委員会は、持ち物検査などの対応はそれぞれの学校の判断に任せていると説明しています。学校は5日夜、緊急の保護者説明会を開く予定です。

 強い殺意をうかがわせる女子生徒の犯行。警察は動機などを慎重に調べています。