プロ野球の現役ドラフトで、中日ドラゴンズの鈴木博志投手がオリックスに移籍することになりました。  鈴木投手は2017年、ドラフト1位でドラゴンズに入団しました。中継ぎ、そして抑えの切り札として活躍しましたが、今シーズンは9試合登板1勝2敗にとどまっていました。  ドラゴンズが指名したのは、プロ7年目・スワローズの右腕、梅野雄吾投手(24)です。主に中継ぎで登板し、通算216試合で14勝11敗74ホールド。今シーズンは故障の影響もあり5試合の登板でした。  現役ドラフトでは、ドラゴンズに入団した細川成也選手が、今季はホームラン24本、打点78の活躍を見せています。