東京都品川区の住宅で5月、高波冬美さん(37)と子ども3人が死亡しているのが見つかった事件で、警視庁捜査1課は10日、子どもらに対する殺人と現住建造物等放火の疑いで、元夫で住所不定、無職後藤祐介容疑者(46)を再逮捕した。

 事件では高波さん、小学1年の長女後藤鈴さん(6)、保育園児の次女玲ちゃん(3)と長男信ちゃん(2)が死亡した。

 再逮捕容疑では、5月22日午後5時〜23日午後1時半ごろ、品川区内の高波さんの自宅で、子ども3人の首や胸などを包丁で刺すなどした上、室内にライターで火をつけて殺害したとされる。「とんでもないことをした。申し訳ないことをした」と容疑を認めている。

 捜査1課によると、後藤容疑者は同月20日に離婚し、家を離れる予定だった。「元妻から早く家を出るようにしつこく言われ、かっとなった」と供述。高波さんを最初に殺害し、その後に子ども3人を次々に襲い、衣類などを集めて火をつけたとされる。

 後藤容疑者は事件発覚時に煙を吸って搬送され、一時入院した。6月19日に高波さんに対する殺人容疑で逮捕された。