東京女、27歳:社会人5年目で迫られた、究極の選択。彼氏の転勤で「全て揃った東京」を離れられるか?

東京女、27歳:社会人5年目で迫られた、究極の選択。彼氏の転勤で「全て揃った東京」を離れられるか?

東京には、全てが揃っている。

やりがいのある仕事、学生時代からの友だち、お洒落なレストランにショップ。

しかし便利で楽しい東京生活が長いと、どんどん身動きがとれなくなる。

社会人5年目、27歳。

結婚・転勤など人生の転換期になるこの時期に、賢い東京の女たちはどんな決断をするのか?

東京の荒波をスマートに乗りこなしてきたはずの彼女たちも、この変化にはうまく対応できなかったりもするのだ―。



<今週の東京女>

名前:貴美子
年齢:27歳
職業:保険会社 総合職
年収:650万円
実家:後楽園


File1:貴美子の場合


「貴美子の東京帰還を祝して!かんぱーい!」

土曜の夜、新丸ビルの『Le REMOIS』。大学のテニス部同期のみんなが、大声で祝ってくれた。

「ちょっと声大きいから!」とたしなめながらも、思わず頬が緩む。

同期の皆の顔を見るのは、本当に久しぶりだ。

保険会社の総合職として就職し、1年目の終りに仙台支店に異動してから3年。今年の9月からやっと東京に帰って来られることになった時は、実家にいる家族や愛犬、そしてこのテニス部のメンバーの顔が真っ先に浮かんだ。

人にテリトリーがあるなら、丸の内が、私のホーム。学生時代から母とよくランチや買い物に来たが、就職してからはいっそう馴染みのある街になった。

行き交う人々の多言語での会話、丸ビルに上れば南に鎮座する東京タワー。

見慣れたその光景に、高揚はしない。地方出身者が田舎の空を見ると懐かしく心がほぐれるのと同じことだ。

「貴美子、彼とは順調?」

部内一の癒し系美女、春奈が尋ねる。

その薬指には、カルティエのエタニティリングがキラキラと光っていた。足元はレペットの赤のバレエシューズ。上質そうな薄手の白ニットの中で体が泳ぎ、なんとも女らしい。

春奈の言葉に、皆が一斉にこちらを向く。私は一瞬、答えに詰まった。


東京出身の女ならではの、貴美子27歳の苦悩とは?

「うーん」

自分の顔が一瞬曇ったのを自覚した。あれ、とみんなに顔を覗き込まれる。

「仙台に行ってすぐ、支店の先輩と付き合ったって話だったよね?社内でも有名な、エリートと」

「で、彼は先に東京戻ってたんでしょう?」

「えっ!じゃあ東京でやっと一緒になれたんだー!結婚する??よね??」

ちょっと待ってよ、みんな。

仙台支店で出会い、付き合いだした2歳年上の彼・誠は、付き合って半年経ったころ東京へ異動になった。

「貴美子が東京に戻ってきたら、一緒に暮らそう」

誠が東京へ行ってしまう前夜、そう約束し、2年間の遠距離恋愛を耐え抜いた。

その名にふさわしく誠実な彼が、大好きだ。

だからやっと東京本社への異動が決まった日の夜、誠にもすぐ電話した。

やっと東京で、私のホームで、一緒に過ごせる。仙台で夢見ていた、都心のマンションでの慌ただしくも楽しい新婚生活が、ついに叶う。

そのはずだった。



しかし1か月前のこと。

電話越しに聞こえる誠のテンションは、私と180度違う。

「……何??……どうしたの?」

「……この間話したビジネスプラン研修、遂に声がかかった」

「え、よかったじゃない!」

誠が言うのは、かねてから彼が参加を熱望していた1年に渡る研修のことだ。上席からこっそり声をかけられた一握りの優秀な社員のみが参加できる不定期のもので、

毎回の膨大な課題とレベルの高さに、せっかく参加できてもドロップアウトする者も多いと聞く。

この研修をクリアすることは将来の出世を約束されるようなものだと、社内では噂されていた。

「……研修、大阪支社なんだよ。東京での開催は、上席の都合でしばらくないらしいんだ。

本部長は、お前のために5年後の東京の管理職の席はあけといてやるから、やってこいって言ってくれてる」

わからなかった。会社の事情に振り回されて、東京の暮らしを放棄する誠の考えが。

私が黙ったのを異議なしと勘違いしたのか、珍しく熱くなっている誠が続けた。

「今はたまたま東京にいるけど、俺は大阪でやってみたい。求められるなら、どんな場所でも。それで……また貴美子と別々になるなんて、正直俺は考えられないよ。

貴美子、もし俺が大阪に行くことにしたら、その時のこと、考えておいてくれないか」



「そっかあ、貴美子にとっては、ここがやっぱりホームなんだよね」

唐突に日香里が言う。大学から上京した彼女は、名古屋では有名な老舗の和菓子屋の娘だ。

「で、どうするの?ついて行く?もし、彼の転勤が決まったら」

「…正直、わかんない。」

今や誰より「東京の女」らしい日香里の質問に、はっきり答えられなかった。

輪郭の整った唇から放たれる完璧な標準語。エスティーローダーの29番の彩りがマッチしたその口元の動きだけくっきり見え、自分の周りだけが時が止まったようだった。


転勤族or東京残留。貴美子の選択は?そして日香里が放った言葉とは?

大好きなものは、みんなここにある


ー半年後ー

冷え込んだホームが、人混みで徐々に暖まっていくような、3月最後の日の朝。

「気を付けてね」

私、待ってるよ、という言葉を飲み込んだ。待っているのは戻って来る誠か、自分の心変わりか、わからなかったから。

私が東京に戻ってから半年後の春。やはり誠は大阪支店に呼ばれた。

「貴美子こそ、頑張り過ぎるなよ。それと…」

誠が紙を渡す。

畳まれたメモ用紙をそっと開くと、大阪の繁華街近く、大阪支店のすぐ近くらしいマンションの住所が書いてあった。

戸惑いながら顔をあげたとき、誠の並んだ列は動きだし、新幹線の中へ吸収されていった。

もう言葉を交わせない。

小さく手を振った誠を乗せ、新幹線は東京駅から滑り出して行った。



私は結局、この地に残ることを選んだ。

あの時の、日香里の言葉。

「東京にいる限り、これ以上の暮らしって、ないんだよね。便利で、刺激的で、友達も恋人もみんな、ここにいて。今、この瞬間、はね。

ただ家族や幼馴染、自分のルーツは、ここにはない。名古屋の両親に帰って来いってせっつかれると、切なくなるの。二重国籍の子みたいに、いつかはどちらかの土地を選ばなきゃ、ってね。

貴美子みたいに、恋人も、仕事も、実家も、友達も、全部が東京にある人は、恵まれてると思うなあ。単純にうらやましいよ」

そう、やっと大事なものが全部詰まったこの場所に、帰って来れた。

誠のことは大好きだ。でも、もし誠の…転勤族の妻になったら…?

突然言い渡される引っ越し、その土地に慣れた頃にまた引っ越し、何より仕事をしないでいる日中の時間、東京で老いてゆく両親を想い、そういうちょっとした悩みをみんなとタイムリーに共有できない日々――。

いつまでも、その土地のアウトサイダー。

誠と東京。天秤にかけてどっちが大事なんて、到底決められない。けれどまだ、ここにいたい。それが本心。

誠には、「仕事をもっと頑張りたいから」と伝えた。嘘ではないにせよ、そんなの100%本音じゃない。

ーこの地を離れて何者でもなくなる自分が、怖いだけ。
ー手放す物の数を数えて、怖くなっただけ。

こんながんじがらめになっている自分が、果たして日香里が言うように「幸せ」なのか、100%の自信はなかった。

丸の内のビル街が日々姿を変えているように、私の心も変わるかも、しれない。

ただ、この瞬間の私には、「全てが揃った東京」より欲しいものはないのだ。誠がいなくても完結するかは、わからないけれど。

気が付くと、丸の内の東京駅舎前に来ていた。工事の終わったこの広場のように、見通しの良い未来があったら。

見慣れたはずの皇居の茂みのささやきが、今朝はやたらに沁み入った。

「さてと」

呟き、目尻の涙を拭う。

ボーナスで買ったセルジオ・ロッシのヒールの足元が少し寒々しく思えたのは、まだ3月だから、だけではないかどうかも、私には判らなかった。


▶NEXT:11月21日 水曜更新予定
いまや立派な東京妻・春奈の場合



関連ニュースをもっと見る

関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索