年収500万の男でも、これがあれば勝つ!最初は女から相手にされていなくても、挽回できる必勝テク

年収500万の男でも、これがあれば勝つ!最初は女から相手にされていなくても、挽回できる必勝テク

恋とは、どうしてこうも難しいのだろうか。

せっかく素敵な出会いをしても、相手に「また会いたい」と思わせない限り、デートにも交際にも発展しない。

仮に、順調に駒を進められても、ある日突然別れを突き付けられることもある。

しかし一見複雑に絡み合った恋愛でも、そこには法則があり、理由がある。

どうしたら、恋のチャンスを次のステップへ持っていけるのか、一緒に学んでいこう。

今回は、最初は男友達認定だったのに彼氏に格上げされたのはナゼという宿題を出していた。

あなたはこの宿題が解けただろうか?



裕翔に出会ったのは、たまたま顔を出した飲みの場だった。知り合いから呼ばれていった会に普通の男の子がおり、それが裕翔だったのだ。

「裕翔くんは、何歳なの?肌が綺麗だし、何か若そうだね」
「もうすぐ28歳なので若くはないですが…」

—28歳、かぁ。

現在、私は31歳。3歳違いとは言えども、裕翔は実年齢よりも年下に見える。

20代の時に散々食事会へ参加し、遊んできたお陰で東京の素敵な人たちにはたくさん会ってきた。

周囲はそんな高スペックな人ばかりで、最初は本当に、裕翔に興味がなかったのだ。

年下だし、経済力も今まで遊んできたような人たちとは全く比較にならなかったから。

しかし何度かデートを重ねるうちに、私は裕翔の“とある部分”に揺さぶられ 、それに賭けたくなったのだ。


現状に嘆く前に、男は○○を見せた者が勝つ!?

解説1:最初は全く異性として意識していなかった


「あれ?裕翔くん、じゃない?」

裕翔と最初に会った時にはLINEを交換していなかったが、世間は狭い。同じ人から呼び出された会で、私は彼と再会した。

同じメンバーだから、もしかしたらいるかなぁとは思っていた。それにしても、相変わらず今日も裕翔は爽やかだ。

「なんだ、裕翔くん今日もいたんだね!元気だった?」
「お陰様で、忙しくしております」

そんな世間話をしているうちに、私はいつの間にか裕翔と真剣に話し込んでいた。

「なんかさ、誰と付き合えばいいのかもう分かんないよね〜」
「麻衣子さん、モテそうですしね。知り合いも凄い方ばかりでしょうし」
「まぁ、知り合いは多いけど。確かに、みんな成功していて凄いよね」

周囲は皆、成功者ばかり。そんな中にいると、自分の小ささに息が詰まりそうなこともある。

そんな私の愚痴を、裕翔はうんうん、と適度に相槌を打ちながら聞いてくれていた。



「でも裕翔くんは?彼女とかいないの?」

優しいし、顔も悪くない。若干経済力に不安はあるものの、立派な大企業のサラリーマンだ。一生安泰、福利厚生も手厚い。 人気はあるだろう。

「僕は今いませんよ。去年別れて以来、仕事も忙しくなっていたし。麻衣子さんは?」

私には、3年間交際していた彼氏がいた。彼はいくつかの会社を経営していて、一緒にいると学ぶことも多く、良い思いも散々させてもらった。

はたから見れば、完璧な彼だった。性格も優しいし見た目も素敵な上、年収も高く、いわゆる成功者だ。でも彼から学べることは全て学んだ気がして、 そして何よりも彼の背後には常に女性の影が見え隠れしており、別れを選んだのだ。

そんなことをぼんやり思い出していると、裕翔の熱い視線に気がついた。好意をむき出しにしてくる裕翔の熱量が伝わってきて、私はやんわりと予防線を張る。

「私?今彼氏はいないけど、別れたばかりで。だから、暫く恋愛はいいかな」

悪い人ではないし一緒にいて楽しいけれど、今みたいに気軽になんでも話せる相手で良かったからだ。

「そう言えば麻衣子さん、連絡先聞いてもいいですか?」
「もちろん!また飲もうよ」
「いつでも呼んで下さい。駆けつけますんで」

—駆けつける、かぁ。

なんだか真っ直ぐな裕翔の言葉に、ハッとする。 最後にこんなプラトニックな会話をしたのはいつだろうか。

「ありがとう。連絡するね」

そこから何度か裕翔と飲みに行くことになった。私が連絡するとすぐに返事もくれるし、彼の方からもたわいもないことでよくLINEをくれた。

しかし、2ヶ月目に入った途端に裕翔からの連絡がパタリと途絶えたのだ。

そして、私は急に焦り始めた。

あれ?なんで急に連絡が来なくなったんだろうか、と。


麻衣子が裕翔にぐらっとなった最大の要因とは?

解説2:彼の“伸びしろ”を感じたから


最初は、そこまで気にしていなかった。

しかしそれまで毎日にように来ていた連絡が来なくなり、無性に気になるようになった。“女は押しに弱い”と言うけれど、押しだけでなく“寂しさ”にはもっと弱い。

同時に、 心のどこかでこれまで裕翔をセーフティーネットのように使っていた自分を責める。

好意にあぐらをかいていた自分がダメなのだが、人は近くにいすぎるとその人の大切さや価値を忘れるもの。

幾度となく裕翔から送られてきていた好意のパスに答えることもなく、流してきた自分も悪かったなぁと改めて感じ始めた。そして思い切って、食事に自分から誘ってみたのだ。



「そっか〜じゃあ裕翔くんは転職するの?」

『ティグレ』でお肉を食べながら、私は裕翔をじっと見つめて話を聞く。



「そうなんですよね。今の会社もいいんですけど。前から声をかけてくれている会社へ行こうかなと思っています。今みたいな大企業ではなくてベンチャーだし、将来は分からないですけれど」

—あれ?彼って意外に将来性があるかも。

裕翔の話を聞いているうちに、彼の“伸びしろ”がハッキリと見えてきた。同じサラリーマンでも将来の目標があるかないかで、全く違う。

“ミュージシャンになる!”などの無謀な夢物語ではなく、ハッキリと自分の言葉で今後の方向性を語られると、女はそこに夢を見る。

そして今見えている以上の可能性を見出して将来を勝手に妄想し、付加価値をつけるのだ。

「裕翔くんなら、どこに行っても大丈夫だよ。しかも英語も話せるし、外資系でも余裕だもんね」

帰国子女の裕翔は、英語も堪能だし人脈もある。よく東京に出没する、“起業スルスル詐欺男”でもなさそうだ。

何よりも次の発言に、私は改めて彼の良さを知ることになる。

「なんかさ、裕翔くんって真面目だよね。浮気とかもしなさそうだし」

「まぁ、浮気はしないかもですね…あまり興味がないと言うか、無駄じゃないですか?そんな下手なリスク取るくらいなら一人の女性を大切にした方がいいかなって」

—この人、本当にいい人だな。

素直に、そう思った。

言葉だけなのかもしれない。実際は、分からない。でも女は、言葉を信じる生き物なのだ。そしてそんな言葉の節々から彼の魅力を感じる。

「裕翔くん、本当に大丈夫?今日もご馳走様でした」
「そんな、女性には払わせられませんから」

何よりも、こうして彼は一生懸命男気を見せてくれる。その男気は本当に素敵だし、一朝一夕で身につくものではない。

たとえ肩書きが良くても、相手を思いやる気持ちがない人もたくさんいる。自分のことに必死すぎて周りが見えていない人や、常にトップでいることに慣れてしまい自分からは歩み寄ってこない人たち。そんな男性とは仮に交際しても、お互い矢印の方向が違うだけだろう。

そんな人よりも、お互いに向き合えて、一緒に歩み寄れる人の方が幸せになれると思う。

私はご馳走になったお礼を伝えて、外に出た。もう11月半ばの東京はすっかり寒く、冷たい空気を胸いっぱいに吸い込んでみる。

「まだ裕翔くん彼女いないの?」
「いたら、こうやって麻衣子さんと二人でご飯には行かないですよ(笑)」

その返事を聞いて、私の中で裕翔への思いがハッキリとした。

肩書きでは、もしかしたら足りないのかもしれない。いわゆるタワマン住まいでもなく、高級外車でのデートもないかもしれない。

それでも、彼と一緒に見る未来は、楽しそうだ。

「じゃあ、私と付き合わない?意外にいい彼女になると思うな〜」

裕翔は驚いたように目を丸くして突っ立っている。そんな裕翔を見て、私は思わず微笑んだ。


▶NEXT:11月24日 土曜更新予定
気づかぬうちにやってない?うっかり〇〇な女



あなたも意識していなかった異性が、突然恋愛対象になったことがありますか?

今回は「意識していなかった異性が、突然恋愛対象になったことがありますか? 」という質問について、東京カレンダーが提供する婚活アプリ『東カレデート』会員に向けアンケート調査を実施。

次ページにて、およそ3,000人の独身男女のリアルなアンケート結果もお楽しみください!


脈なしから一転...それってどんな時?


意外なことに、男女ともに「いいえ」と回答した会員の方が多かった。

「直感」に自信を持っているタイプが多いのか、特に男性は7割の方が意識していなかった異性を好きになった事は「ない」様子。

・「初めに会った段階で恋愛対象かそうでないかは決まる。」(男性/東証一部上場企業)
・「第一印象でほぼ決まるので」(男性/経営者・役員)

といったコメントが大半だった。

では、「意識していなかった異性が恋愛対象になることがある」と答えた方のきっかけとはどのようなものなのだろう?

今回は、少数派の貴重なコメントを男女別にご紹介していこう。



ギャップを感じた時


ーー男性コメント
・「意外としっかりしていて家庭的だったから。」(男性/投資家)
・「会社での制服姿しか知らなかった彼女の私服姿を初めて見た時!」(男性/大手商社)
・「いつも笑顔だった子がふと暗い表情をしていた時に、気になってしようがなくなり気が付いたら好きになっていた。」(男性/外資メーカー)


ーー女性コメント
・「普段笑わない人が笑った時、その笑顔をもっとみたいと思った。」(女性/上場企業(東証一部))
・「年下で可愛いと思っていた人が真面目に仕事の話をしていて、ギャップでときめきました!」(女性/会社員)
・「急に女の子扱いをされた瞬間に意識するようになった。」(女性/事務)


男女ともに、いわゆる「ギャップ萌え」には弱い様子。

第一印象からは感じなかった意外な部分や、普段と異なる服装を目の当たりにした時に、異性として意識し始めるきっかけが生まれるようだ。



好意を感じた時


ーー男性コメント
・「意識していなかったが、急に告白されたとき。」(男性/東証一部上場企業)
・「積極的にアプローチされたとき。」(男性/マスコミ・広告)
・「ドライに仕事のパートナーと思っていたら、私に好意をよせていると聞いて恋愛対象になり、お付き合いしました。」(男性/経営者・役員)


ーー女性コメント
・「友人として信用してた人が、告白してくれた時に異性として意識しました。」(女性/東証一部上場企業)
・「猛アタックされるとだんだん気になってくる。」(女性/秘書)
・「全く恋愛対象では無い人に何度も告白をされ続けてたら、健気さに惹かれて次第に恋愛対象へと変化しました。」(女性/IT関連)


相手からの好意に気付いた時や告白されたことをきっかけに、気になって恋愛対象になったという回答が数多くあった。

何度も告白を受けているうちに自分自身も好きになっていたという「押しに弱い」パターンは少なくない。



ふとした会話から


ーー男性コメント
・「2人で話してみると共通点が意外とある!と気づいた時。」(男性/経営者・役員)
・「2人で何気なく過ごしているときのふとした発言や動作で。」(男性/外資コンサル)
・「会話の中でも価値観が合ったり、この方は話をきちんと受け止めてくれているなと感じたときに見方が変わります!」(男性/大手企業)


ーー女性コメント
・「2人きりで話してみたら会話のテンポがぴったりで楽しかったから。」(女性/東証一部上場企業)
・「よく話してみたらとても価値観が合う人だったから。」(女性/25歳/看護師)
・「2人でご飯食べに行って居心地が良かった時。」(女性/上場企業(東証一部))


それまでじっくり話す機会のなかった相手との会話の中で恋愛対象になったという意見が多数。

何気ない会話から共通の価値観がわかったり、相性や居心地の良さを感じた際に意識が変わる方が多いようだ。

気になる相手から恋愛対象として見てもらえないと感じる方は、「二人きり」で会話する機会を増やすところからアプローチを始めてみてはいかがだろうか。



その他こんなコメントがありました


ーー男性コメント
・「夢に出てきた。」(男性/歯科医師)
・「良い香りがしたとき。」(男性/上場企業(東証一部))
・「スキンシップで異性として意識するようになりました。」(男性/外資メーカー)
・「急に手作りのお菓子をくれた。」(男性/会社員)


ーー女性コメント
・「落ち込んでいた時に優しく私のいいところをあげてくれた。悪いところもきちんと指摘してくれた。」(女性/事務)
・「プレゼントが素晴らしくて気持ちが伝わった。」(女性/芸能・モデル)
・「恋愛相談にのってもらっていた時。」(女性/上場企業(東証一部))
・「幼馴染が周りにイケメンと言われていて、意識するようになった。」(女性/講師・教師)



あなたは今まで意識していなかった異性が、急に恋愛対象になったことがありますか?

ぜひ、ご意見やエピソードをコメントにご記載ください!


東京カレンダーが提供するアッパー層限定の審査制恋活・婚活アプリ『東カレデート』。

入会審査に晴れて合格し、マッチングした後には8割もの会員が実際にデートをしているという実績が出ております。

魅力的な出会いをご体験頂く東カレデート会員として、みなさまをお迎えできる日を楽しみにお待ちしております。

ぜひアプリをダウンロードのうえ、無料の入会審査にお気軽にお申し込みください!

↓東カレデートは下記からご利用頂けます↓
『東カレデート』公式サイト

◇『東カレデート』は東京カレンダーが提供するコンテンツの世界を踏襲した、アッパー層専門の審査制デーティングアプリです。(会員登録は無料です)
AppStore、GooglePlayにてダウンロードいただけます。


---
※アンケート調査概要
調査期間: 11月09日〜11月10日
回答数: 2,971件
対象: アッパー層限定の審査制恋活・婚活アプリ『東カレデート』の入会審査に通過をした独身の会員。



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索