とんかつの肉汁って吸ったことある?絶品すぎる「とんかつフルコース」は未体験の美味しさだ!

とんかつの肉汁って吸ったことある?絶品すぎる「とんかつフルコース」は未体験の美味しさだ!

大人が行き交う銀座でのディナーともなると、つい気負ってしまいがち。

でもそこは、あえて〝カジュアル〞なチョイスをしつつ、ディナー自体をエンターテインメントに。そんな提案ができれば、きっと大人だ。



新しい体験が待っている唯一無二のフルコース
『銀座かつかみ』

万人に愛されるとんかつできちんとディナーを提案できたらそれはもう粋な大人といえるだろう。

だがしかし銀座ディナー、それもデートでの選択肢として頭に思い浮かべること自体、なかったはずだ。

過去形なのは、それが『銀座かつかみ』がオープンする以前の話だから。



銀座5丁目交差点から30秒。

みゆき通り沿いのビルに昨夏オープンして以降、美食家の間で話題騒然の同店は、日本初のコース専門のとんかつ料理店。



「鮨や天ぷらにいちばん美味しい瞬間があるのと同様に、とんかつにもその一瞬がある。自分は、その一瞬に命を賭けています」。

そう語るのはとんかつ界のレジェンド、日向準一氏。

そんな日向氏が秒単位で揚げ時間と火入れの温度にこだわった、ロースやヒレ、希少な部位がコースで次々と供される。



コースは¥5,000と¥7,000の2種類のほか、山形牛も楽しめる「シェフのおまかせコース」¥12,000も。

1品目のサラダの次に早くも供されるのが、大将渾身のヒレかつ。「まず最初に驚かせたいんです」の言葉のとおり、鮮烈な印象を残す逸品。



中でも、表面にピンクのジュースが浮いたヒレは、まずは食べるのではなく、そっとその肉汁を吸うのが先。

各素材を〝完璧なるタイミング〞で食して気づくことは、これまで知り得なかったとんかつの奥深さだ。


垂涎のカツ尽くしコースの全貌公開!

コース中盤では、天然あわびのコロッケ、帆立フライなど5品から好きなものをチョイスできる仕掛けも。

「北海道産昆布森の牡蠣フライ」は、クリーミーな味わいと濃厚な旨みに悶絶必至。


ミニサイズの「メンチカツバーガー」は、女性からも歓声が上がる人気のひと皿。


頭からかぶりついて味噌を堪能したい「生車海老のエビフライ」。


コースのクライマックス、ジューシーな「ロースかつ」はわさびとともに。



コースに合わせて4種類のワインを楽しめるペアリングコースは「ワインみつくろい」¥3,500。とんかつとワインという新しい世界へ連れ出してくれる。

そう、こちらはソムリエが常駐し、ワインとのペアリングコースが用意されているのも驚きなのだ。

初めての体験に誰もが度肝を抜かれるも、その甘く上品な蒸し豚のような風味にシャンパンを合わせたら、目を見開く。

銀座でしか味わえない〝究極のシェフズテーブル〞がここにある。



関連ニュースをもっと見る

関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索