遅い時間からでも、おいしいものが食べたい!港区で迷ったら行くべし、使えるビストロ・トラットリア3選

遅い時間からでも、おいしいものが食べたい!港区で迷ったら行くべし、使えるビストロ・トラットリア3選

「今日はなんだか、もう一杯飲みたいな」

そんな時、場当たり的に、適当な店を選ぶのはもったいない。

一軒目に、素敵な店を選ぶのは当たり前。

二軒目選びまで抜かりないのが、素敵な大人なのである。

行くべきは上質だけど、二軒目に相応しく、肩肘張り過ぎないちょうどいい空気感の店。

一軒目から近く、そしてもちろん、遅くまでやっていることも大切だ。

今回はそんな条件を叶える、港区エリアのビストロやトラットリアをご紹介しよう。

(恵比寿・渋谷近辺で飲んでいたなら、こちらをチェック!)



シチリアの風をまとうトラットリアは、大人の社交場そのもの
『ロッツォシチリア』@白金高輪

2011年の開店以来、この店が喧騒に満ちていない状況を目撃したことは、皆無。

LOの時間であったとしても、席は7〜8割方埋まっているのが日常だ。

ということは、二軒目にチョイスしたほうが間違いなく入りやすいし、遅い時間でも盛り上がっているから気分がアガる。


サービスの阿部 努氏と、シェフの中村嘉倫氏は、渋谷2丁目『ドンチッチョ』で出会い、一緒に独立。

シチリア修業で磨いた料理と、目の肥えた常連客に鍛えられたサービスがタッグを組んで、たちまち白金で名を轟かせて早8年になる。

産地から取り寄せる新鮮な魚介類をシチリアの伝統料理に仕上げ、飾らない軽妙なサービスで提供するのだから、客足が途切れないのは必然。

「一回転目が落ち着いた21時半〜22時頃から、当日連絡で飛び込みのお客様もいらっしゃいますよ」と阿部氏。

また、ハードリカーに果物や香辛料などを漬け込んだ自家製食後酒は「強い! けど、美味い」とハマる人続出。(やや)危険な美酒にトライを。


― ラストオーダー 23:00 ―

住所:港区白金1-1-12 内野マンション 1F
TEL:03-5447-1955
営業時間:18:00〜25:00
定休日:日曜・月曜
席数:カウンター13席、テーブル20席


港区の大人が日常使いするカウンター


二軒目で十番に向かう。その導線が、わかっているのが大人
『カラペティ・バトゥバ』@麻布十番

麻布十番という飾らない街で、親しいふたりにマッチするカジュアルな雰囲気を体現しているのが、こちらの『カラペティバトゥバ!』。

白木の無垢材を使ったコの字カウンターとスタッフの作り出す和気あいあいとした雰囲気は、親密なふたりにしっくりくる。


フレンチをアラカルトで楽しめるのがこの店の良さだが、今年から23〜24時の間だけオーダーできるバーメニューを開始。

通常メニューのラストオーダー終了後に登場するメニューは、バーフードの定番のフレンチフライやサラダ、生ハム類など、二軒目にぴったり。

ワインを楽しみたいなら、エスカルゴバターの風味がたまらない「つぶ貝のバター焼き」や「ポークリエット」などもおすすめだ。

そして、食欲に火がついてしまったときに備え、パスタ類や肉料理だってスタンバイ。

ワインに関しては、好みのタイプを伝えればオーナーソムリエの長 雄一氏がセレクトしてくれる。

フレンチだからといって構えずリラックスして過ごしてほしい、というホスピタリティがここにはある。


― ラストオーダー 24:00 ―

住所:港区麻布十番1-9-2 ユニマット麻布十番ビル 4F
TEL:03-3588-0333
営業時間:17:30〜25:00
定休日:日曜・月曜不定休
席数:カウンター16席、テーブル22席


深夜に心がほっと和む、優しい味わい


西麻布の地下の隠れ家には、〆に相応しいスープがある。
『Lis』@西麻布

フラッと入った二軒目で、お気に入りの料理に出合うのは幸せだ。

西麻布の交差点から少し離れた場所にある『Lis』には、金曜の夜を締めくくる、温かな一品がある。

このビストロがあるのは六本木通り沿い。

西麻布とはいえ、深夜ともなると灯りは消え、人通りがグッと減る一角だ。

そんな立地で、さらに地下にあるから正に隠れ家。

室内のサイズ感もしっぽり気分にベストで、6席しかないカウンターがふたりの特等席だ。


「ビストロといっても居酒屋みたいなものです(笑)」と店主の堀川裕治氏。

なるほど、黒板が示す料理のラインナップは、田舎風パテなど、フランスの素朴なママの味がズラリ。

堀川氏は銀座、赤坂の名店で研鑽を積んだフレンチの料理人。料理はどれも本物だが、「気軽に来られない価格はイヤだった」とチャージ不要で、リーズナブルに提供している。

そして、〆には不動の名物「スープドガルビュー」を。

現地ではフォアグラの脂でコクを出す郷土料理だが、堀川氏は生ハムだけで出汁を取り、サラリと仕上げる。

具材はインゲン、ちりめんキャベツなど、柔らかくなるまで煮込んだ野菜オンリー。これが〆に最高。

飲んだ後の胃袋にスッと落ちていく。温かな気持ちで一夜を締めくくれる一品だ。


― ラストオーダー 25:00 ―

住所:港区西麻布3-20-13 木村ビル B1F
TEL:03-3470-5049
営業時間:17:30〜25:00以降(混雑状況により変更)
定休日:水曜
席数:カウンター6席、テーブル6席



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索