好きな女性のタイプからマイブームまで。注目の俳優・伊藤健太郎に50の質問をしてみた

好きな女性のタイプからマイブームまで。注目の俳優・伊藤健太郎に50の質問をしてみた

ドラマ『今日から俺は!!』や映画『コーヒーが冷めないうちに』などの話題作に次々と出演し、俳優歴5年にして圧倒的な存在感を放っている話題の男・伊藤健太郎、21歳。

これからさらなる飛躍が期待されている新星は、今、何を考え、どう生きているのか。その素顔に迫った。



3月某日。待ち合わせ場所のカフェに現れた伊藤さんは「今日はなんでも聞いてください」と言ってひょいと頭を下げた。

「とりあえず飲み物でもいかがですか?」と促すと、彼はテーブルの上のメニューをじっと見つめて、「じゃあ、番茶をお願いしてもいいですか」と笑顔でひと言。

渋いオーダーに思わずくすっとさせられて、一気に親近感が湧いた。

礼儀正しいけれど、自然体で気取らない。それが彼の第一印象だった。

伊藤さんは、今年度、間違いなく活躍が期待される若手俳優のひとりだ。

その証拠に、映画『コーヒーが冷めないうちに』の演技が評価されて、先頃、第42回日本アカデミー賞の「新人俳優賞」と「話題賞 俳優部門」のW受賞を果たした。

「今まで賞にこだわりはなかったのですが、やっぱりうれしいものですね。

スクリーンで観ていた役者の先輩、監督、スタッフの皆さんなど、素晴らしい方々と授賞式の場を共有させていただき、自分なんかまだまだですが、『映画を作っています』と少しは胸を張ってもいいのかなと思えました。

これからもそう言えるようにもっと頑張らなくてはいけない。今はそんな気持ちでいます」



その活躍はテレビでも目覚ましい。

記憶に新しいのは、伝説のツッパリ漫画『今日から俺は!!』を実写化したドラマで披露したヤンキーぶり。

ツンツン頭でコミカルな演技を披露し、見事に新境地を開いた。

また、これを機に彼は芸名を「健太郎」から本名の「伊藤健太郎」に改めた。役者として腹をくくったということなのか。

そう思って水を向けると、彼の口からは「もう逃げられませんよね」という一言が漏れた。

「楽しければいいじゃんという軽い気持ちでモデルになり、同じような感覚でお芝居のオーディションを受けました。

その作品は決まらなかったのですが役者に移行していって。役者をやるなら名字をつけた方が良いと周囲にも言われ続けたのですがそれもせず。

でも、役者に本腰を入れたいと思っていたときにあの作品とめぐりあった。偶然にも本名と同じ名前だった“伊藤”役に背中を押されて決心できた感じです」

その覚悟も確実に作用しているのだろう。

今、彼はスター街道をまっしぐらに突き進んでいる。

若手の登竜門として注目を集めるJR SKISKIのイメージキャラクターに抜擢され、この春には『春のめざめ』で舞台初主演。

そして、秋には初主演映画『惡の華』も控えている。

取り巻く環境も大きく変わりつつあるが、そんな彼を精神的に支えているのはどうやら地元の友達のようだ。


伊藤さんを感動させた、親友の言葉とは……?


「あるときお酒の勢いで聞いてみたんです。『状況は変わってきてるじゃん。それについてぶっちゃけどう思ってる?』って。

そしたら『お前がどんだけ売れようが、たとえハリウッドに挑戦しようが、お前はお前。

俺にとってのお前は高校時代に出会ったときから何にも変わってない』って言葉が返ってきた。

泣けるほど嬉しかったし、自分の中のモヤモヤが晴れてスカッとした思いだった。

自分が素の自分でいられる、そんな仲間との時間も、僕にはすごく大事なんだと改めて気づかされました」

最後はしみじみとした口調になった。どことなく売れっ子ならではの心の叫びのようにも聞こえた。

「一日の終わりに何か楽しみを作っておくんです。料理、映画鑑賞、ネットで注文していた何かが届く。そうしたちっちゃいワクワクが大事」と言う。

自分らしさを大切にしながら、一歩ずつ着実にキャリアを重ねていく。

“話題の男”がこれからどんな新たな活躍を見せるのか、楽しみだ。



21歳の素顔に迫る。伊藤健太郎に50の質問

Q1.右脳派? 左脳派?
A1.右脳派

Q2.座右の銘は?
A2.親しき仲にも礼儀あり。どれだけ仲が良くても、そこは忘れないようにしています。

Q3.20歳を迎えた時の心境は?
A3.子供の時は、20歳ってもっと大人だと思っていました。実際なってみると、意外とそうでもない。30歳になっても同じように思うのかな?

Q4.特技は?
A4.バスケ。昔はNBAとかもよく見ていました。

Q5.趣味は?
A5.料理。昨日はローストビーフを作りました!(なんとこの日、お手製のローストビーフサンドがスタッフに振る舞われた)

Q6.なぜ料理が好き?
A6.子供のころから図工などモノづくりが好きで。その延長で、祖母にいろいろ教えてもらっているうちに好きになりました。

Q7.得意料理は?
A7.カレーです。

Q8.どんなカレーが好き?
A8.ゴロゴロしているのより、具が溶けきっているカレー。つい先日も、ニンジンをすりおろして作ったら、翌日腕がパンパンになりました。しかも大きい鍋で30人前も作っちゃった(笑)。

Q9.最近一番楽しかったことは?
A9.舞台の稽古がものすごく楽しかったです。

Q10.これからやってみたいことは?
A10.キックボクシング。本格的に始めたいな、と。

Q11.体づくりの方法は?
A11.食生活に気をつけるぐらい。あと最近だと舞台『春のめざめ』の稽古の運動量がすごくて、かなり鍛えられていました。

Q12.いつも何時ぐらいに寝ている?
A12.夜中の1:00から2:00くらい。

Q13.休みの日は何時に起きる?
A13.休みの前日は飲むことが多いので、それ次第ですね。

Q14.お酒は好き?
A14.好きです。

Q15.好きなお酒の種類は?
A15.ビール派だったけれど最近は焼酎。芋も麦も飲みます。

Q16.お酒は強い?
A16.すぐ酔っ払うけど、そこからが長いとよく言われます。

Q17.最近の一番大きな買い物は?
A17.ハイスペックな掃除機。

Q18.掃除は好き?
A18.はい。すごくきれい好きです。髪の毛が落ちていると気になっちゃうタチです。意外としっかり者なんですよ(笑)。

Q19.身に着けるものでこだわっているものは?
A19.17歳の時、原宿で初給料で買った、憧れのインディアンジュエリーのネックレス。土砂降りのなか、6時間並んだのはいい思い出です。

Q20.今、一番欲しいものは?
A20.ホームシアター。壁が広く空いているところがあるので、そこで映画を観たいです。

Q21.最近観て面白かった映画は?
A21.『グリーンブック』。元々バディものが好きで、感動しました!

Q22.コンビニに行くとつい買ってしまうものは?
A22.シャキシャキレタスのハムサンド。歯ごたえが大好き!

Q23.時計には興味ある?
A23.はい。一応大人なので、ひとつはいい時計を持っておきたいですね。

Q24.クルマは欲しい?
A24.欲しいです!

Q25.好きなラジオ番組は?
A25.昔から、オールナイトニッポンを聞いていました。

Q26.自身でもラジオ番組をやっていますが、ラジオのどんなところが好き?
A26.自分の話を自分の声で伝えられるところです。


まだまだ続く!お次は気になる女性のタイプも聞いてみた!

Q27.どんなデートがしたい?
A27.犬の散歩とか、スーパーに買い物とか、のほほんとしたデートがいいですね。

Q28.好きな女性のタイプは?
A28.一緒にいて、小さいことを一緒になって喜んでくれる人。

Q29.女性をリードしたい? されたい?
A29.自分がリードしたいけれど、「実は向こうがそれをさせてくれていたんだ」、みたいなのがいい。手の平で転がされたいです(笑)。

Q30.年上好き? 年下好き?
A30.年上です!

Q31.年上の女性に口説かれた経験はある?
A31.あります。

Q32.女性のどんな仕草に惹かれる?
A32.弱い部分が見えた時。

Q33.苦手な女性のタイプは?
A33.空気を読まない人ですかね。

Q34.S? M? どっち?
A34.両方。

Q35.料理は作ってもらいたい派? あげたい派?
A35.どっちも好き。自分が料理するから、こだわりがあり過ぎて他人の料理に対してうるさいんじゃないか……と言われるけれど、そんなことはないです!

Q36.女性と飲みに行くなら、どんなお店に行きたい?
A36.おじさんがいるような、美味しい焼鳥屋。

Q37.プライベートでよく行く街は?
A37.吉祥寺。学生の頃からよく行っていました。後は下北沢とか高円寺とかですね。

Q38.港区で遊んだことはある?
A38.西麻布とか六本木ですよね? 実はまだ、怖くて足を踏み入れられていません(笑)。

Q39.子供の頃、何をして遊ぶのが好きだった?
A39.鬼ごっこや秘密基地作りなど。

Q40.何人兄弟?
A40.姉と二人兄弟です。

Q41.お姉さんとの一番の思い出は?
A41.初めて一緒にお酒を飲みに行った時。互いに大人になったな、と。

Q42.お姉さんとは今も仲良し?
A42.はい、テレビ電話もします。

Q43.弟キャラのイメージが強いですが、自身ではどう思う?
A43.周りに年上が多いので、間違いではないと思います。

Q44.芸能界で仲が良いのは?
A44.やっぱり先輩が多い。生田斗真さん、最近だと賀来賢人さん、太賀さんとか。共演したメンバーと仲良くなることが多いです。みんなお兄ちゃんみたいで嬉しい。

Q45.同世代だと?
A45.北村匠海。いいライバルであり友でもあり、大切な仲間です。

Q46.尊敬する人は?
A46.役所広司さん。アカデミー賞の場ですごく謙虚で穏やかで、スクリーンの役柄とのギャップもあり驚きました。

Q47.10年後の未来予想図は?
A47.ひとつのジャンルにとらわれない役者になっていたい。例えば「ヤンキーと言えば健太郎」ではなく、ヤンキーも、オタクも、なんの役でもできる存在になりたいです。

Q48.将来の夢は?
A48.役者としても、人間としても、人に夢を与えられる人になりたいです。

Q49.一緒に仕事をしたい監督は?
A49.『グリーンブック』のピーター・ファレリー監督!

Q50.もし生まれ変わるなら何になる?
A50.料理人かな?(笑)


■プロフィール
伊藤健太郎 1997年生まれ。モデルを経て、2014年にドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で俳優デビュー。この春、舞台『春のめざめ』で初主演を果たした。『オールナイトニッポン0(ZERO)』でラジオパーソナリティー、『ZIP! 』では映画コーナーを担当。


■話題を呼んだ過去の作品たち

『JR SKISKI』で等身大の男女の恋を演じた。


ドラマ『今日から俺は!!』(DVD 4/24発売)ではツッパリに。


映画『コーヒーが冷めないうちに』(Blu-ray&DVD発売中)ではヒロインを支える美大生役と幅広い演技を見せる。


■衣装
[1ページ目・2ページ目]シャツ¥25,000、パンツ¥35,000〈ともに A.P.C./A.P.C CUSTOMER SERVICE TEL:03-3710-7033、インナーはスタイリスト私物
[2ページ目]ジャケット¥235,000〈THOM BROWNE/THOM BROWNE 123 AOYAMA TEL:03-5774-4668〉、インナーはスタイリスト私物


『MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE TOKYO』

今回伊藤さんが訪れたのは、骨董通り近くにある、一面ガラス張りのデザイナーズビル最上階のダイニング。

太陽が差し込む中、フレンチトーストが評判のブランチメニューを。夜は眼下に広がる夜景と共にイタリアン&ステーキが楽しめる優雅な空間。



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索