男と交際前にお泊まりしてしまった女。一晩一緒に過ごしても、朝まで何もなかった理由とは

男と交際前にお泊まりしてしまった女。一晩一緒に過ごしても、朝まで何もなかった理由とは

私たちはこれまでに散々、LINEやデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進後退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?



流星と出会ったのは、知人が主催したゴルフコンペだった。

全部で3組、計12名のゴルフコンペは男女半々の比率で、私は流星と同じ組になったのだ。

—カッコイイなぁ、この人。

それが第一印象だった。身長も高く、しかもイケメンで、聞けば外資系投資銀行勤務だという。それでいて初心者の私に対しても優しい流星に、18ホールの間中ずっとドキドキしていた。

「美緒ちゃん、ナイスショット」

そう言ってもらう度に、私は笑顔で答える。

ゴルフを一緒に回ると半日以上一緒にいるため、必然的に仲良くなれる。ラウンドが終わる頃には、私たちはすっかり打ち解けていた。

「この後の打ち上げ、美緒ちゃんも来るでしょ?」

もちろん行くに決まっている。

コンペ後の打ち上げにも顔を出した私は、流星とずっと話しており、距離を縮めていった。

そしてこの日を境に二人で食事へ行くようになって、けっこう頻繁に会っている。私たちの関係は、いわゆる"良い感じ"だ。

けれども、どうしても理解ができないことがある。デートは繰り返すのに、彼は私に手を出してこないのだ。


女として見られてないの?流星が手を出してこない理由とは

宿題1:男が何度も二人で食事へ行く時の心理とは?


流星との初デートは、オープンするや否や瞬く間に予約困難店になった『長谷川 稔』だった。

「偶然、前に予約取っていてさ。良かったよ、美緒ちゃんが今日空いていて」
「私って、ラッキー!でもさ、流星くんって相当モテるよね・・・?」

グルメ偏差値も高く、デート慣れしていそうな流星。カウンター席で隣に座る彼の顔を、ついチラ見してしまう。だって、今日は金曜日で彼はスーツ姿なのだ。またそれがカッコよくて、ドキドキしていた。

「いや、全然だよ。こうやって女の子と二人でご飯行くのとか、久しぶりだし」
「そうなの?何だか嬉しいな」

その言葉を真に受けて、私は流星に向かって微笑む。ライバルが多いことは必至だけれど、ここで諦めたくはない。



「流星くんって、今彼女いないんだよね?」
「うん、いないよ。美緒ちゃんもフリーって言ってたよね?」

私も現在彼氏がいないから、タイミングはぴったりだ。「どんな子がタイプ?」なんてお互いに聞きながら盛り上がっていると、流星の携帯に一通のLINEが入った。

「あ・・・この前のコンペの主催者の大雅って覚えてる?今近くで飲んでいるらしくて、後で合流したいって言っているんだけど・・・平気?」
「うん!もちろん!」

本当は二人きりが良いけれど、仕方ない。大雅も良い人だったし、それに男性陣で話したいこともあるだろう。

こうして2軒目からは大雅も合流し、三人でワイワイと飲むことになった。

「あれ?ごめん!まさかのデートだった?うわ〜俺、すげー空気読めないじゃん」

合流した大雅は、私と流星が二人きりだとは思っていなかったらしい。慌てて帰ろうとする大雅を、私たちは笑顔で引き止めた。

「いいじゃん、大人数の方が楽しいよ」
「でもデートの邪魔しちゃ悪いし・・・」

しかし、次の流星の一言に、大雅を引き止めようとしていた私の手が思わず止まる。

「いや、そんなんじゃないから」

—“そんなんじゃ”、ない・・・。

デートだと舞い上がっていたのは私だけなのだろうか。これは、デートではなかったのだろうか。

流星と大雅が楽しそうにしているのを、どこか遠い目で見つめていた。でもそんな私に気がついたのか、流星は帰り際にこう囁いてきたのだ。

「ごめんね。次はちゃんと二人でご飯行こう」

そして流星は有言実行してくれて、翌々週には二人で食事に行くことになった。

更にその後も、定期的にデートは続いていった。けれども最後の最後で、私は壁を乗り越えられないのだ。


恋人同士じゃなかったの?なかなか読めない、複雑な男心とは

宿題2:男が手を出してこない理由を答えよ


二人で頻繁に食事へ行くようになってから、約2ヶ月が過ぎた。

気持ちが態度に出やすいせいか、私が彼のことを好きなのは最初からバレバレだったようで、流星はそんな私をいつもからかってくる。

「本当にさ、気をつけないと変な男に喰われちゃうよ?」
「だって、私が好きなのは流星くんだから」

ストレートに気持ちをぶつけてみるものの、流星からの返事は特にない。

この関係がよく分からぬまま、私たちは会い続けている。しかし私としてはそろそろ白黒ハッキリつけたいし、何ならもう一歩、関係を進めたかった。

こうしてモヤモヤしながら日々を過ごしていた矢先、ようやくこの関係が大きく動く日がやってきた。

流星の家へ行き、泊まることになったのだ。



その日はお互い結構飲んでいて、初めて流星が「家に来る?」と言ってくれた。かなり緊張はするけれど、こうでもしないと二人の関係は進まない。

覚悟はできていたし、流星のことは好きなので、そういった関係になってもいいと思っていた。

しかし、自宅で予想外のことが起きたのだ。

「化粧落とす?・・・と言っても、何もないけれど」

家に着いて少し飲んだら、早々に寝る準備を始めた流星に、正直、私は拍子抜けしてしまった。

「え?あ、もう寝る?」

化粧なんて、どうでもいい。“化粧を落とさずに寝たら一晩で丸一年分老ける”と言う人もいるが、今の私には関係ない。いきなりスッピンをさらすよりマシだし、それよりも今日は勝負だ。

そんなことを一人で考えながらも、何となく一緒の布団に入った。

でも、私が想像していたようなことは全く起こる気配がない。それどころか、流星は私の方に背を向けて、速攻で寝ようとしているのだ。

結局、彼の背中を見つめたまま何事もなく朝を迎え、早朝、チュンチュンと雀が鳴く声を聞きながら自分の家へと虚しく帰ったのだった。

—女として見られてないのかな・・・それとも、私とはそんな関係にはなりたくないってこと?

多少気があるならば、何かしらのアクションを起こすだろう。彼だって、32歳の健全な男の人だ。

だが、何もない時点でこの恋はもう脈ナシなのかもしれない。

そう肩を落としていると、更に私を混乱させることが起きた。

—流星:ちゃんと帰れた?

彼の方からLINEを送ってきて、心配してくれているくらいだから、嫌われてはいない。でも、一体どうして何もしてこなかったのだろうか。

男心の正解が分からず、私はただ茫然と、明けていく空を見上げていた。


▶NEXT:5月19日 日曜更新予定
泊まっても手を出してこなかった流星の気持ちとは!?



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索