イマドキ美女は“立ち飲み”に夢中!夏の夜は「ちょっと一杯」立ち飲みビールが今っぽい!

イマドキ美女は“立ち飲み”に夢中!夏の夜は「ちょっと一杯」立ち飲みビールが今っぽい!

蒸し暑い夏、女同士でさくっと冷たいビールを飲みたい夜もある。

そんなときに重宝するのが、最近増えているお洒落な立ち飲み。立ち飲みもラフに楽しむのがイマドキの美女なのだ!



お洒落で気軽に飲める、こういう店が欲しかった!
『SANKAKU(サンカク)』

目黒駅から徒歩5分、権之助坂の途中に、存在感を放つ〝新酒場〞が誕生した。ガラス戸から見えるのは、シンプルながら抜群にセンスのいい内装。

さくっとビールを飲みたい夜、せっかくなら今日着ている服が素敵に見える場所に行きたいのがオンナ心。

それがここ『SANKAKU(サンカク)』なら、ガラス越しに店の様子が分かるので、気軽に入りやすい。

デザイナーのオーナーが作った店ゆえ、女同士でもしっくり。立ち飲みだけど、外から見た立ち姿が絵になる。



カウンターや壁の資材は上質かつユニークで、カフェのようなお洒落な雰囲気。だから女ふたりで気まぐれにビールを飲みたい夜にちょうどいい。

生ビールが入るグラスはジョッキではなくころんとした可愛らしいもの。それがまた立ち姿のビジュアルに華を添える。

立ち飲みゆえ隣の人との距離感が近く、初対面同士で盛り上がることもあるとか。想定外の楽しいハプニングだ。


立ち飲みらしからぬお洒落料理が!


ビールはハイネケンの生を提供。そしてビールのつまみとなる料理が大衆酒場とは別モノである。

「マーGYO豆腐」や「手羽先と手袋」など、メニューを見ただけで想像力が膨らむユニークな一品揃い。

嬉しいのがいずれもポーションが少なく価格も手ごろなので、いろんな料理をちょっとずつ食べられること。


サラダ感覚でいただける、トマトとパクチー、肉そぼろ、クスクスが入った「最中」。2個¥800。


日替わりの「良いとこどりの本日の小皿3種類」¥1,200。

手前から藁で炙ったタコにパクチーとバルサミコポン酢を添えたもの、右が担々もやし、奥が季節野菜の盛り合わせ。


肉味噌ではなく魚味噌となっている「マーGYO豆腐」¥780。山椒の爽やかな辛さが、泡が強めで軽やかなハイネケン¥600によく合う。

また、店ではさまざまなフレーバーをつけた自家製塩を複数常備。海老香る赤出汁、酒盗チーズ、ほうじ茶アーモンドなど、味変させて食べるのも楽しい。



量がちょうどよいので女性でもビールが進む。珍しい日本酒も多数揃う店なので、最初はビールで乾杯して徐々に日本酒に移るのもよし。

つまり、すべてが女ふたりで立ち飲みするに最高の環境。男性にとっては、そういった美女と出会えるかも、という期待感もあり。

今夜ふらりと、一杯いかが?



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索